ニュース
» 2018年04月05日 22時00分 公開

たくましい胸板に癒やしを求めて 専門学生が考案した「雄っぱい枕」がアナタの元に

[haruYasy.,ねとらぼ]

 男性のたくましい「雄っぱい」をテーマにした抱き枕「雄っぱい枕」がクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」に登場しました。


雄っぱい 枕 いつでも好きなだけ「雄っぱい」が堪能できる枕

 「雄っぱい枕」は御茶ノ水美術専門学校に通っていたshiraneさんが卒業制作として作ったもの。以前から男性のたくましい胸(雄っぱい)が好きだったというshiraneさんですが、「雄っぱい」というワードが定着している昨今にありながら「雄っぱいグッズの展開があまりにも少ない」と感じていたことから、この「雄っぱい枕」の製作に至ったそうです。なければ自分で作ればいい理論、ほんとステキ。

 卒業制作として作った試製雄っぱい枕をTwitter上で公開したところ、これが大きな注目を集めることとなり、雄っぱい同志たちから「購入したい」という声があがるようになりました。だってこういうの欲しかったもん!

 そこでshiraneさんはニーズに応えるべく、クラウドファンディングという形式でプロジェクトを立ち上げました。

 裁縫工場に発注してプロの仕事で作り上げられる新モデルが手に入る「1万円コース」には、すでに96人から申込があり、ある程度のカスタムに応じられる旧モデル(限定2)とあわせて98人から総額100万円を超える出資が集まっています。


雄っぱい 枕 雄っぱい枕の使用例

 「雄っぱい枕」の発送は2018年10月を予定しており、申込受付は5月18日までとなっています。

 クラウドファンディングは一期一会、後に製品化されることもあれば、機会を逃して二度と手に入らないなんてこともしばしば。雄っぱい好きなみなさん、要チェックですよ。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた