ニュース
» 2018年04月07日 22時00分 公開

みんなで作る「ナメクジ捜査網」 研究者がクラウドファンディングで支援募集

[谷町邦子,ねとらぼ]

 身近な生き物だけど、いまひとつ注目されないナメクジ。しかし近年、大型ナメクジが発見されるなど、ナメクジ界にも大きな変化の兆しがあります。そんななか京都大学の宇高寛子助教が、一般の方からナメクジの目撃情報を集め、各地のナメクジの分布を研究するための資金をクラウドファンディングで募集しています。

ナメクジ捜査網 2016年からの2年で300件集まったナメクジ情報

 宇高助教は日本各地のナメクジの分布を調べるため、Webサイト「ナメクジ捜査網」で一般からナメクジの目撃情報を募っています。集まった資金は、協力者が情報を簡単に登録でき、幅広い種類のナメクジの情報を集められるように同サイトを刷新するために使います。

ナメクジ捜査網 「ナメクジ」でみんながイメージする「チャコウラナメクジ」

 日本に生息するナメクジは、時代とともに種類が変化しています。私たちが普段見かけるナメクジは、体長5センチほどで、背中に2〜3本の茶色い線がある「チャコウラナメクジ」。第二次世界大戦後に日本にやってきて、全国に広がっていったそうです。

 それ以前多かったのは「キイロナメクジ」。今では数が少なくなり、ほとんど見かけません。そして「キイロナメクジ」も海外からきた「移入種」なのです。どうやって日本にいるナメクジの種類が移り変わったのか。まだ研究でも分かっていません。

ナメクジ捜査網 ナメクジ界の大型新人「マダラコウラナメクジ」

 2000年初頭には茨城県で新たにナメクジが発見されました。「マダラコウラナメクジ」という、成長すると15センチになる大型のナメクジです。そして「マダラコウラナメクジ」と他のナメクジが好む環境が同じなので、日本に生息するナメクジの種類がさらに大きく変わる可能性があるとのこと。「マダラコウラナメクジ」出現により、日本のナメクジの分布はどう変化するか、宇高助教はそれを明らかにしようとしています。

ナメクジ捜査網 ぬめりながらはう「マダラコウラナメクジ」がスタイリッシュなTシャツ

 クラウドファンディングの期限は5月29日19時まで。目標金額は100万円。支援のリターンとしてWebサイトの事前利用権が得られる他、1000円でナメクジ写真のPC壁紙、5000円で「マダラコウラナメクジ」が描かれたオリジナルTシャツ、3万円で50センチの特大ナメクジのぬいぐるみを手に入れることができます。

ナメクジ捜査網 約50センチ。ボリューミーな手作りぬいぐるみ

谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」