ニュース
» 2018年04月08日 17時35分 公開

「荒野行動」運営が訴訟報道に対する見解発表 「弊社が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲーム」

デマに対する非難も。

[ねとらぼ]

  バトルロイヤルゲーム「荒野行動」の運営する中国NetEaseは、同ジャンルのゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」の運営元から訴訟を提起されたとの報道について見解を発表しました。


荒野行動 「荒野行動」公式Twitterより

 「荒野行動」は、「PUBG」を提供するPUBG.Corpから「PUBGと内容が酷似している」として訴訟を提起されたことが海外で報じられていました(関連記事)。これを受け、Twitterでは「荒野行動」が長時間トレンド入りした他、複数のアカウントから「荒野行動がサービス終了した」とするデマがツイートされるなど、一部で混乱を呼んでいました(関連記事)。

 NetEaseは、発表の中で「『荒野行動』は弊社が開発し、パブリッシングしたバトルロイヤルゲーム」「『荒野行動』がリリースされてから業界内での高い評価、及びプレイヤーの支持と関心を得ております」と強調。「PUBG」との類似性について具体的な言及はありませんが、「オリジナルの遊び方、設計、風景等があります」「スマートフォンでもバトルロイヤルゲームを楽しむことができるように、創作に大々的に取り組んでおります」とコメントしています。

 また、「荒野行動が終了する」というデマについても、「イメージを侵害するだけでなく、『荒野行動』を今まで支持してくださっているプレイヤーの皆様も傷つけています」と非難しています。


荒野行動 拡散されていたデマ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」