ニュース
» 2018年04月11日 21時00分 公開

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった

めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。

[ねとらぼ]

 「着動戦士ダンダムちゃん」を名乗る謎のアカウントが、SNS「WEAR」で強烈なインパクトを放っています。身体からはスレンダーな女性と分かるものの、頭部は段ボール工作の“超有名ロボット”風かぶりものに包まれていて正体不明。いったい何者なんだ……。


WEAR なんなのこの人……

 WEARはZOZOTOWNのスタートトゥデイが運営する、ファッションに特化したSNS。ユーザーが投稿した写真をコーディネートの参考にできます。確認できる限り最も古いダンダムちゃんの投稿は2017年2月22日。すらりとした足とチープな頭部のギャップや、「ジョジョ立ち」めいた奇妙なポーズといった魅力を武器に、フォロワー数をじわじわと伸ばしています。


ダンダムちゃん 頭部こそ紙袋を段ボールで装飾しただけのものですが、スタイル抜群で運動性は高そうです(画像提供:ダンダムちゃん)

 時々WEARのランキングに顔を出すこともあり、Twitterでもしばしば話題に。「WEARにクセの強すぎる人がいる」「腹筋が崩壊した」「スタイル抜群でオシャレなのにファッションが全然頭に入ってこない」など、ファッションとは違う角度から魅了される人が見られます。

 編集部はその生体を解き明かすために本人を直撃。ダメモトで取材を申し込んだところ、くわしい話を聞くことができました。


「製作費はスペースデブリのかき集めなので0円」

―― まず、ダンダムちゃん誕生のきっかけを教えてください

ダンダム ダンダムちゃんは民間人に元気と笑顔を与える使命の下に生まれました。いくつかの試作機を経て、2016年春に量産機がロールアウト。このとき現在のダンダムちゃんへ魂が吹き込まれました。くわしくはいつか「着動戦士ダンダム THE ORIGIN」で明かせたらと思っています。


初期型 2017年2月に撮影された初期型ダンダムちゃん。誕生のいきさつが明かされる「いつか」は来るのだろうか(画像提供:ダンダムちゃん)

―― 製作にかかった費用と時間を教えてください

ダンダム 製作費は、目やアンテナなどのパーツに使った段ボールはスペースデブリのかき集めなので0円(編注:要は「不要品の流用」ということらしい)。ベースの紙袋はフォルムの統一感と耐久性が必要なので、高級紙袋を通販で取り寄せています。

 製作時間ですが、ああ見えてけっこうパーツ数が多く、腱鞘炎になり得る程度の作業が必要になるので、ヘタしたらブリティッシュ作戦と同じぐらいの時間(編注:初代ガンダムの世界観で一年戦争の端緒となった大規模戦闘。別名「一週間戦争」)を要する場合もあります。ちなみに現在の機体は3代目で、緊急時用に2号機が某木馬にスタンバッてます。

―― では、なぜWEARで展開することにしたのでしょうか? そもそもアレはWEAR的にアリなんでしょうか。運営から何か言われてやしませんか?

ダンダム ニュータイプ特有の直感ですかね。また、「新しい時代を作るのは老人ではない」ことを示すには若者がたくさんいる場に入り込む必要があったからです。

 運営がどう思っているのかは分かりませんが、実はいつ怒られるかと思い、夜も12時間しか眠れない日々を過ごしております……。たまにインスパイアしてくださるありがたいユーザーさんもいらっしゃるので、どうかお目こぼしとお慈悲を(手を合わせる絵文字)。

―― WEARで活動を始めて1年以上になりましたが、周囲からはどのような反応が?

ダンダム 「衝撃を受けた」とか「元気をもらった」とか「めっちゃ笑った」とか、うれしい言葉をたくさんいただいています。「年金が高エ! 墓も高エ! NHK受信料払うほどテレビ見ねエ! 政治家信じねエ! 不倫報道興味ねエ! 子供の写真の年賀状ならいらねエ! オラこんな人生いやだ!」と思う時が誰しもありますよね。そんな時に笑顔を与えられる存在でありたいと思っているので、そういう言葉をかけられるのは本当にありがたいです。

―― ところで、これまで折にふれてガンダムネタを引用されていますが、おくわしいのでしょうか

ダンダム ガン……ダ……ム……? それはなんですか? 最近流行のスイーツかなんかですか? ちなみにダンダムちゃんが最近ハマっているお菓子はたまごボーロです! 坊やだからさ


ダンダムちゃん ポーズも言動もトリッキーなダンダムちゃんでした(画像提供:ダンダムちゃん)



 最後は煙に巻かれてしまいましたが、ダンダムちゃんがWEARユーザーやインスパイア元への愛にあふれる女性であることは分かりました。なお、「ダンダムちゃん」で検索すると謎の女性タレントがヒットするのですが、キャスバル・レム・ダイクンとエドワウ・マスとシャア・アズナブルとクワトロ・バジーナくらい違う別人らしいので、そういうものだと受け止めたほうがいいようです。


ダンダムちゃん 飯田橋駅のポプテピ看板前に出没したこともある、アグレッシブなダンダムちゃん(画像提供:ダンダムちゃん)

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」