ニュース
» 2018年04月11日 21時15分 公開

「誰か反応してよ大喜利」がTwitterで突如流行 無反応から一転リプ大爆発 企業アカウントも参戦

例えば「スター・ウォーズどれから見ればいい?」と言わせ、「時系列順に1から」「製作順に45612378」などと反応が来るまでを書く遊び。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 さみしがり屋を題材にした大喜利が、4月上旬からTwitterで盛り上がっています。「Twitterやめようかな」「私なんかいらないんだ」「誰か反応してよ」と、「かまってほしい」アピールをしても反応がない様子までが定型文。そこから、「スター・ウォーズってどれから見ればいいの?」など、リプライが来やすそうな言葉を書き込むと……?


さみしい 誰もかまってくれなくてさみしいところに……

ハッピー 発言1つで、たくさんのリプライが来るという流れ

 後ろ向きな発言に一切反応してくれなかったときとは一転。「時系列順に12345678」「作られた順に45612378」「123ローグワン45678だろ」「いや4先に見ないとローグワンわからない」といった風に、先ほどまでの静寂がウソのようにおせっかいなTwitter民が大挙して押し寄せ、さみしがり屋さんのアカウントが妙なにぎわいを見せるおかしさを表現するのが様式美となっています。

 スター・ウォーズのように、歴史の長いシリーズに「どれから入るか」といったテーマを扱うのが主流の様子。例えば「ウルトラマン見ようかな」であれば「いきなりネクサスはやめとけ」「セブンだろ」と先達からさまざまな意見が来るといった具合です。好みが分かれやすい話をすると大量の反応が来る……あるあるですね。

 中にはネットゲームや楽器など新しいことを始めようとすると、多くの情報が寄せられるパターンも見られます。


 「回転ずしに来たんだけど、この蛇口何に使うの?」と聞くと、「手を洗うところ」というウソが殺到する定番ネタも。スマホゲームのガチャでレア当選報告をするなり、殺伐としたリプライが来るという回答も、ちょっとありそうな光景ですね。逆にガチャが外れたと爆死報告をしたら「一発でレア引けました」などと自慢されるネタもあって、それもあるある。


 Twitterの流行に敏感な企業アカウントも続々参戦。「創業者が『事務の王様』になりたかったから」と社名の由来を明かすキングジムや、「ウチのはクーピーじゃなくて『パスティック』」と、他社製品との違いをうったえるぺんてるなど、自社にまつわる豆知識を伝える投稿が多いようです。老舗和菓子店の和泉屋のように、お題と似たような状況から、新商品が注目を集めた実体験を投稿する会社も。


 大喜利が盛り上がるあまり、回答を半自動で作る診断メーカーが作られるまでになっています。言葉遊びではありますが、広く意見を求めるためのヒントにもなるかもしれません。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」