ニュース
» 2018年04月14日 15時41分 公開

「身を引き裂かれるような思い」 ちばてつや氏、海賊版サイトブロッキングに断腸の声明

ブロッキングは「諸刃の剣になりかねない」とも危惧しつつ、同時にそんな手段すら検討せざるを得ない「海賊版サイト」の存在にあらためて「強い憤りを感じる」とも。

[ねとらぼ]

 漫画・アニメなどの海賊版サイト問題を巡り、特定のサイトへの通信を遮断する「サイトブロッキング」が適当であるとの見解を政府が発表したことを受け(関連記事)、漫画家のちばてつや氏は公式サイトで、今回の緊急対応への危惧と、海賊サイトへの怒りをあらためて表明しました。



 ちば氏は冒頭、今回の政府の判断について「まずは日本が国をあげて『マンガの危機』に真剣に向き合ってくれていることに、とても心強さを感じました」とコメント。しかし同時に、表現者という立場から、ブロッキングという手段については「諸刃の剣になりかねない」とも危惧しているといいます。また同時に、そんな手段すら検討せざるを得ない「海賊版サイト」の存在にあらためて「強い憤りを感じる」とも。


漫画海賊サイト ちばてつや 海賊版サイトへの緊急対策決定について発表する菅義偉官房長官(ニコニコ生放送より)

 海賊版サイトによって若い漫画家が苦しめられている現状を振り返りつつ、「その酷い現実を見るほどに、守るべき自由の理念と、綺麗事では済まないかもしれない醜い現実のはざまで、身を引き裂かれるような思いを味わっているところです」とちば氏。ちば氏が理事長を務める「日本漫画家協会」は今年(2018年)2月、海賊版サイトに対する抗議声明も発表していましたが(関連記事)、今回政府が発表した「サイトブロッキング」という手段の是非については表現者としてやはり苦い思いもあるようです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」