ニュース
» 2018年04月15日 11時30分 公開

35年の歩みを振り返る:ミッキーたちも登場、紙吹雪舞う記念セレモニーで東京ディズニーリゾートが35周年を迎える (3/3)

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

東京ディズニーリゾート35周年、そして未来へ

 そして東京ディズニーリゾートは、2020年に向けて大きな進化を遂げようとしているところです。以前もレポートした、東京ディズニーランド大規模開発が現在も進行しています。

 この大規模開発では、ファンタジーランド近辺のエリアが大きく変化し、新たに「美女と野獣」のエリア、ベイマックスをテーマにしたアトラクションやショップ、そしてミニーと出会える施設などが登場する予定です。ちなみに2018年4月15日開催された囲み取材において、オリエンタルランドの執行役員、宮内良一氏は2020年以降の拡張計画についてまだ発表できることはないとしつつ、(先日「空」のパークが新設されるとの報道があったことに関し)「“空”をテーマにしたということでは考えておりません」とコメントしました(関連記事)。

東京ディズニーランド大規模開発イメージ
2020年にオープン予定の美女と野獣エリア(仮称)イメージ
「美女と野獣」をテーマにしたアトラクション(イメージ)
「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションの体験シーン
ポップコーン専門ショップのイメージ
新キャラクターグリーティング施設の内観イメージ

 東京ディズニーランドの大規模開発が完成する前に、東京ディズニーシーでは新たなアトラクションも登場します。これは海外では「ソアリン」として運営され、今も大人気で行列の絶えないアトラクション。浮遊感と没入感がたまらない内容で、東京ディズニーシー独自要素も入るとのこと。オープンは2019年の予定です。こちらも本当に楽しみですね。

東京ディズニーシー新アトラクション「ソアリン(仮)」外観イメージ
「ソアリン(仮)」イメージ

 東京ディズニーリゾート35周年「Happiest Celebration!」は始まったばかり。これから1年間、ここでは祝祭の日々が繰り広げられます。花吹雪舞うメインストリートや大好きなチョコクランチを体験する計画を立ててみてはいかがでしょうか。

写真提供:東京ディズニーリゾート



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.