ニュース
» 2018年04月17日 19時59分 公開

ドワンゴ、VR向けの3Dアバターのファイルフォーマット「VRM」開発

対応アプリ全てで同じアバター(3Dモデル)データを使えます。

[ねとらぼ]

 ドワンゴがVR向けの3Dアバターファイルフォーマット「VRM」を開発し、オープンソースで公開しました。

 VRMは対応アプリ全てで同じアバター(3Dモデル)データを使えるというもの。これまでVRやVTuber(バーチャルYouTuber)などの人型アバターは、アプリケーションや3Dモデルデータごとに独自のシステムを開発したり調整したりする必要がありましたが、VRMはこういった状況を改善する「プラットフォーム非依存の3Dアバターファイルフォーマット」を提案するものだとしています。

 UnityでVRMファイルを読み書きする標準実装もオープンソースで提供。また「モデルデータ自体に対しての改変・再配布規定(Creative Commons などから設定可能)」や「モデルデータを使用して「人格を演じる」ことについての許諾規定」をファイルに設定できる設計となっています。

 ドワンゴが13日に開始したVRコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」のアバターはVRM形式を採用しており、また立体投稿共有サービス「ニコニ立体」でもVRM形式の投稿受付を開始しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン