ニュース
» 2018年04月19日 09時00分 公開

軍艦島デジタルミュージアムにMRコンテンツ新設 ゲームを通して炭鉱員の採掘を疑似体験できる

資料もMRならではの演出で鑑賞できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 世界遺産・軍艦島(正式名「端島」)の歴史を伝える長崎県の軍艦島デジタルミュージアムが、4月20日にリニューアルを実施します。これに伴い、マイクロソフトのHoloLensを活用した常設型MR(複合現実)コンテンツを新設。参加者は炭鉱員となり、館内とCGが複合した空間の中で採掘などを体験できます。


MR HoloLensを装着して炭鉱員を体験

資料 現実空間に資料が飛び出す、不思議な体験が可能

 MR空間はマスコットキャラクター「軍艦島のガンショーくん」が案内。つるはしでパネルを掘って石炭を探す、採掘ゲームに挑戦できます。パネルからはパワーアップアイテムや敵キャラクターが出てくることもあって、起伏のある展開が楽しめそう。複数人で同時に体験し、採掘量を競うこともできます。


ゲーム 空間に浮かぶ茶色のパネルを掘ると、石炭や敵が出てくる

 体験終了時には成績に応じた「MR炭鉱員認定証」がもらえます。これは近日リリース予定のiOS向けARアプリ「おさんぽガンショーくん」と連動し、読み込むとレアアイテムが手に入るとのこと。

 プレイ時間は1時間程度で、終了後は館内を自由に観覧可能。島民の様子や資料が現実空間に飛び出す、MRならではの演出で鑑賞できます。


展示 昭和の遊びを伝える展示も

 MRの体験料は1000円で、入館料込みで大人2800円、中高生2300円。13歳未満はMR利用不可で、入館のみ可能となっています(小学生800円、幼児500円)。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響