ニュース
» 2018年04月22日 11時00分 公開

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史(3/4 ページ)

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 関東式の「金本位制」をむりやり押し付けられての「銀本位制の廃止」のせいで、両替商に取り付け騒ぎが頻発。結果、約50軒が相次いで破産。「藩債処分」という事実上の借金帳消し処分などにより、大阪の経済は致命的なほどのダメージを受けました。

 しかし、大阪取引所や大阪商工会議所などの設立に尽力し、連続テレビ小説「あさが来た」にも描かれた五代友厚の活躍もあり、後に「東洋のマンチェスター」といわれるほど、紡績業を中心に商工業が飛躍して大阪は復活を遂げたのです。


都道府県人口1位の変遷 現・ユニチカの摂津紡績会社の様子(双日歴史館より)

大阪市が東京市の人口を抜いた!

 その後も大阪は発展を続け、1925年の国勢調査では市町村単位でも、大阪市(211.5万人)が東京市(199.6万人)を抜いたこともありました。3位が名古屋市の76.9万人、4位が京都市の68万人ですから、大阪市は日本でも相当な人口を持っていたことが伺えます。


都道府県人口1位の変遷 日本一の「大大阪」時代があった(日本全国 地図の謎,浅井建爾,東京書籍)

 なお大阪市の1位はその次の1930年の国勢調査まで続きますが、東京市は隣接する5群82村を合併したことで面積を7倍近くに広げ、1935年の国勢調査では東京市(587.6万人)に対して大阪市(299万人)と、大きく差をつけられました。

 しかし当時、人口密度では大阪は東京の1.5倍という日本一の超過密都市であり、東京に負けない「大大阪」としての姿がそこにあったのです。


最下位の常連は北海道→鳥取へ

 閑話休題。ここまで1位をずっと見てきましたが、逆に最下位となっていた県はどこでしょうか。それは調査開始から長らく北海道でした。今の佐渡であった相川県など消滅した県を除けば、1872年〜1891年までに渡って北海道が最下位でした(途中、函館県・札幌県・根室県に分かれた時代もあり)。

 ただ前述の通り、北海道は多くの移民が入り込むことによって人口が激増します。それにより、1892年から人口最下位の座を引き継いだのが鳥取県でした。


都道府県人口1位の変遷 1890年でやっと30万人台を脱出するなど、当時から人口の少ない県だった鳥取(道府県現住人口. 明治17-40年 内閣統計局より)

 日本海側は重工業化や近代化が遅れた地域が多かったのですが、鳥取県もその例外ではありませんでした。この鳥取県は現在までにおいて、今はなき樺太庁などを除き、ずっと人口最下位に居続けることになります。


一時期、島根県は東京より人口が多かった!

 ちなみに同じく人口が少なく、ブービーの位置となって久しい島根県ですが、実は鳥取県を併合し、1877年〜1881年まで、人口100万県としてベスト10付近の上位にいたこともありました。


都道府県人口1位の変遷 1880年の県別人口。島根が東京を上回っていた(日本全国 地図の謎,浅井建爾,東京書籍)

 1880年を例に取ると、今の鳥取県を含めた島根県が103.7万人(全国12位)、対して東京府が95.9万人(同17位)と、東京を凌駕していたのです。

 しかし1881年9月に再び鳥取県が離れ、「大島根県」の夢はわずか5年でついえました。


またまた新潟が首位奪回!(1887〜1896年)

 話は再び戻って、1887年には1位だった大阪から新潟が165万4000人で首位を奪回します。それは、大阪府に編入した堺県と合併していた奈良県が分裂したためでした。

 王者のカムバック。しかしここから猛然と追い上げてくる所がありました。そう、東京です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声