ニュース
» 2018年04月24日 22時53分 公開

お姉様の映画話を聞き通せたらご褒美→説明下手すぎて寝落ち 『おやすみシェヘラザード』が映画レビュー漫画なのに百合だし対決モノで目が離せない

「映画レビュー寝落ちバトル百合エロ」というカテゴライズが成立してしまう、だと……!?

[正しい倫理子,ねとらぼ]

 大抵の乙女にとって夜が短いことは周知の事実である。趣味に打ち込むにも、友人と昼間はできないナイショ話に花を咲かせるにも、どんなに長く夜を使おうとしたって最後は睡魔にさらわれてあっという間に日の出だ。

 篠房六郎『おやすみシェヘラザード』(やわらかスピリッツ)で描かれるヒロインも、夜を楽しもうと睡魔にあらがう乙女である。

 本作の舞台は由緒ある女子校・千夜学園。一年生の二都麻鳥(にと・あさと)は、付属の女子寮に関するとあるうわさを耳にした。いわく、「13号室には魔女が住んでいて、彼女の誘惑に乗ると、あれよあれよという間に失神させられてしまう」というのだ。乙女たちは想像する。それって具体的には何をされるの? もしかして、「怖い話」ではなく「エロい話」なんじゃないの? 部屋にいるのは本当はセクシーなお姉さまで、部屋にやってきた下級生との甘い夜を望んでいるのではないのか……。

おやすみシェヘラザード 漫画 映画 レビュー やわらかスピリッツ 篠房六郎 今作のヒロインであり語り部である彼女は、一体何を考えているのか?(第四夜「君の名は。」より)

 このエロティックなうわさをそっと心に留めていた麻鳥だったが、ある晩ひょんなことから例の13号室に転がり込むことになる。まさか、この人が! あのうわさに身構えまくっていた麻鳥が出会った「魔女」の正体は、学園の二年生・箆里詩慧(へらざと・しえ)であった。絶世の美貌と無防備なランジェリー姿、やたらと整った立派な寝具、そして強引に部屋に引き止めるその姿勢。麻鳥はしえ先輩を前に思わず「大人の階段」を期待するが、彼女が麻鳥を部屋に引き込んだ理由は別の場所にあった。それが、「夜の間、映画についてお話させてほしい」という奇妙な願い事だったのである。

おやすみシェヘラザード 漫画 映画 レビュー やわらかスピリッツ 篠房六郎 本作のシェヘラザード=しえ先輩(第一夜「裏切りのサーカス」より)

 箆里詩慧=しえ・へらざと、すなわち「シェヘラザード」。しえ先輩の名前の元ネタは、「千夜一夜物語」に登場する賢い后だ。一晩を共にした女性を次々に処刑する横暴な王のもとに嫁いだ彼女は、毎晩王に物語を聞かせ、夜が明ける頃に「また明日」と打ち切ってしまったという。王は物語の続きを聞きたいあまり、シェヘラザードを殺さないまま千と一夜を過ごした。最終的に王は彼女を正妻と認めることになる。

 ではしえ先輩の映画の話も、このシェヘラザードのように魅惑的で、いいところで寸止めされてしまうのだろうか? ……そうであればどれだけ麻鳥は楽だっただろう。「最後まで私の話を聞いてくれたら秘密のご褒美をあげる」と話すしえ先輩は、とんでもなく眠たくなる声の持ち主で、おまけにとんでもなく映画の説明が下手くそだったのだ!

 しえ先輩は頑張って大好きな映画をレビューし、麻鳥はしえ先輩とのピンクな展開を期待して懸命に話を聞く。しかしどうやったって、麻鳥を待っているのは気持ちいい寝落ちのみであった。

おやすみシェヘラザード 漫画 映画 レビュー やわらかスピリッツ 篠房六郎 得意げに話すしえ先輩だが、説明はど下手くそであった(第一夜「裏切りのサーカス」より)

 掲載媒体「やわらかスピリッツ」をのぞくと今作のページにこう書かれている。「もはやカテゴライズ不可能!! 誰も見たことの無い映画レビュー寝落ちバトル百合エロ漫画スタート!!」……「映画レビュー寝落ちバトル百合エロ漫画」。盛り込みすぎている。しかしこの複雑なキャッチコピー以外に、この漫画を適切に表現できる言葉はないだろう。

 本作の魅力に関して、この記事では二点を挙げておきたい。

 まず第一に、絵の美しさだ。透明感のある絵柄で描かれる少女の麗しさは言うまでもないが、特筆すべきは光と影の描写である。

 しえ先輩と麻鳥が言葉を交わすのは基本的に夜だ。光源は枕元の両サイドに置かれた小さな明かりだけである。大きなベッドの上で向かい合って横たわる二人の顔には常に影が落ち、光は時おり髪や肌をわずかに照らす。修学旅行の夜を思い出してほしい、心地よい暗闇のなかで見る友人の表情はいつもと違って見えなかっただろうか? 自分達以外の誰もが寝静まる時間の、不思議なほどオープンな気持ちになる特別な空気を、篠房六郎は一滴残らず絵に落とし込んで見せるのだ。決してよく知っているわけではない、なのにどうしようもなく惹かれる……麻鳥が先輩に向ける視線の意味が、じわじわと肌で伝わってくる。

おやすみシェヘラザード 漫画 映画 レビュー やわらかスピリッツ 篠房六郎 肌に落ちる光と影が美しい(第一夜「裏切りのサーカス」より)

 第二に、しえ先輩による映画レビューの圧倒的な下手くそさである。

 レビュー漫画と言えば、短いページでも作品の魅力やインパクトのあるシーンを伝える内容が普通だ。しかし、『おやすみシェヘラザード』は違う。めちゃくちゃな順序で行き当たりばったりに語られるしえ先輩の説明では、映画のどこがどういいのかはいまいち分からない。「しえ先輩はその映画が好き」ということしか伝わってこないのだ。

おやすみシェヘラザード 漫画 映画 レビュー やわらかスピリッツ 篠房六郎 彼女は「本気」でやっているのである(第ニ夜「ファンタスティックMr.FOX」より)

 第一夜「裏切りのサーカス」では何も知らない麻鳥相手に俳優の名前と役名を並べ立てて混乱に陥れ、第二夜「ファンタスティックMr.FOX」では思い出し笑いで話が止まり、第三夜「呪怨」では見なければ分からない幽霊の登場シーンを必死に口で解説しようとする。映像の楽しみを言葉にする難しさとそれ以上にほとばしる愛がコミカルに表現され、読者はしえ先輩の不可解な話についつい引き込まれてしまうのである。

おやすみシェヘラザード 漫画 映画 レビュー やわらかスピリッツ 篠房六郎 誰もが知る「君の名は。」の説明も、「伏線だから」を連発して「あ、この人下手だ」とすぐにわかる

 現在『おやすみシェヘラザード』は四話まで無料公開中だ。千一夜を日にちに直すと約三年弱、ちょうど高校課程と同じぐらいの期間になる。しえ先輩は麻鳥に映画の魅力を伝えられるのか? 麻鳥はしえ先輩と大人の階段を登れるのか? 乙女の青春をかけた静かな攻防戦から、どうしたって目が離せない!

正しい倫理子


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/12/news052.jpg 全員垢抜けたな! 渡辺直美、「ジャンポケ」斉藤&太田との過去比較ショットに「全員華なくて草」
  2. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  3. /nl/articles/2208/12/news030.jpg 突然繰り出された柴犬の“オケツアタック”がヒット! 2回目も試みる→やっぱりなオチがほほえましい
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news021.jpg 「ぱっぱぁ〜」と呼ぶ猫ちゃん、パパが来ると…… とってもおしゃべりな猫ちゃんとの会話が楽しそうでかわいい!
  7. /nl/articles/2202/04/news144.jpg こんなの回避できるか! 豪州の高速道路で起きた事故映像が怖すぎる 前方のクルマから落ちたパーツがフロントガラスに激突
  8. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  9. /nl/articles/2208/12/news041.jpg 「何で絵本はすぐ読み終わるのに、1000円以上するの?」と思っていたが…… 同人活動でその理由を悟った体験談に共感続々
  10. /nl/articles/2207/13/news136.jpg 育児の大変さを1枚で表した写真に4万7000件以上の“いいね” 一目見て分かる過酷さに「とても共感しました」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい