ニュース
» 2018年04月27日 19時50分 公開

新しい「ZOZOSUIT」、全身水玉に悲嘆の声 「未来感消えた」「ダサい」「不二家レモンスカッシュ」

一方で「着て歩かないのだから見た目はどうでもいい」という意見も。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 4月27日にスタートトゥデイは、採寸ボディースーツ「ZOZOSUIT」の仕様を大幅に変更し、予約者に配布の見通しが立ったことを発表しました。Twitterではデザインが黒地の白い水玉模様に変わったことに対し、「未来感が無くなってしまった」「全身水玉模様はダサい」と悲観する声が続出しています。

ZOZOSUIT 新しい デザイン 水玉 新しい「ZOZOSUIT」

ZOZOSUIT 新しい デザイン 水玉 旧型の「ZOZOSUIT」

 「ZOZOSUIT」は2017年11月に無料配布の予約を開始した、利用者の身体の寸法を瞬時に計測できるボディースーツ。採寸データを元にサイズピッタリの服を早くリーズナブルに注文できるブランド「ZOZO」を展開中で、画期的なビジネスモデルから予約注文が殺到し、配送が大幅に遅れる状態が続いていました。

 そのような状況を改善するため、スタートトゥデイでは「技術改革と研究開発により大幅な仕様改良に成功した」として新たなZOZOSUITを発表。当初は布地に内蔵された伸縮センサーで採寸する「センサー方式」でしたが、新型では、スーツの表面に点在するマーカーをスマホのカメラで読み取って体形の3Dモデルをつくる「マーカー方式」に変更しました。これによってスーツの大量生産が可能になり、コストも大幅に減少したといいます。

ZOZOSUIT 新しい デザイン 水玉ZOZOSUIT 新しい デザイン 水玉 左:旧型、右:新型

 しかし仕様とともに見た目も大きく変わってしまうことに。旧型はセンサーがスーツ内に埋め込まれているため全身が黒い無地となっており、発表直後もネットで「SF感ある」「GANTZスーツみたい」と評判になっていました。新型はマーカー方式のため首から足首まで白いマークが点々と配されており、必然的に全身水玉模様というデザインに生まれ変わっています。

 これにTwitterでは「随分とダサくなってしまった」「最初のプラグスーツみたいのがほしかったのに」「全身ドットなんてあんまりだ」と悲しむ声が相次いであがっています。「不二家のレモンスカッシュスーツ」「ジンベイザメ」「カミキリムシみたい」と、すでにある黒地に水玉模様のモチーフを思い出す人も。これは仕方がない……。

 一方で「そもそも着て歩くものじゃない」「かっこ悪いと言っている人は着て出掛けるつもりだったのかな」と見た目はそこまで重要ではないという意見も。「サイズフリーになったのはかなり良い」など、デザイン以上に仕様の改善を喜ぶ声も多く散見されました。

ZOZOSUIT 新しい デザイン 水玉 発表会で新型のスーツを着ながら説明する前澤友作代表取締役社長

 27日の発表会でスタートトゥデイ代表取締役社長の前澤友作は新型デザインについて、「すでにネット上はスーツの書き込みがいっぱいで、『未来感が無くなったな』とか『ちょっとダサくなったんじゃないか』というネガティブなコメントがたくさんあがっておりましたけれども」と苦笑しつつ、「意外と僕はこの水玉はかわいいなと思ったりしています」「カメラの前でくるくる回りながら計測するので、ポジティブに考えると、前より楽しく計測できると考えていただければ」とコメントしていました。

 この他、電池切れの心配がない、電子基板が埋め込まれていないので洗濯ができるなど、新型の改良ポイントをいくつかあげていました。

ZOZOSUIT 新しい デザイン 水玉 到着を待ちましょう

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」