ニュース
» 2018年04月30日 20時00分 公開

3人で歩いている時に起こる現象を描いた漫画 「めっちゃわかる」「心が痛い」とTwitterで激しい共感の嵐

わかりみが深い。

[ひーこ,ねとらぼ]

 3人で話をしながら歩いていたはずが、気が付いたら自分だけ会話の外に……。そんなシーンを描いた漫画に共感の声が集まっています。投稿したのはTwitterユーザーの聴診器(@cho_shinki)さん。



 3人で歩いている時、両サイドの2人の距離が徐々に詰まっていき、真ん中を歩いている作者は押し出されるような形で後ろに下がっていきます。初めは会話に参加していた作者ですが、2人が近づいていくにつれて口数が少なくなってしまいます。あれ、すごいわかるぞこれ……。


3人のときの漫画1ページ目 何が原因なんでしょうね、これ……

 その後のイラストでは、一度会話から外れてしまったらもう戻りづらい理由をわかりやすく図解しています。2人の声が前方に向けて発されているため後ろにいる作者には聞こえづらく、会話の内容すらわからなくなってしまうのです。


3人のときの漫画2ページ目 会話に入りたい気持ちはあるんですよね……

 聴診器さんはツイートで「そして話が聞こえなくて黙ってると、機嫌が悪いって勘違いされる」と付け加えていますが、この一連の現象に共感するリプライが殺到しました。

 また、聴診器さんは4人でのパターンを描いたイラストも投稿していました。こちらもどこかで見たような光景で、非常に心が痛みます。



 4人で話している場面で、最初は作者もしっかりと輪の中に入っています。しかし、自分の隣の人が軽く体の向きを内側に変えたことで、外側に立っていた自分は蚊帳の外に。


4人のときの漫画1ページ目 うっ頭が

 「君はどう思う?」と突然質問されますが、内容が聞こえていなかった作者は「え…っと何の話?」と聞くしかありません。友人たちは「ちゃんと聞いててよ〜」「◯◯の話だよ〜」と教えてくれますが、これまた作者としては「ごめんごめん」と笑ってごまかすしかありません。こちらのツイートも1万3000回以上RTされ、多くの人の共感を集めたようです。


4人のときの漫画2ページ目 決してつまらないとか機嫌が悪いわけではないんです……

 聴診器さん自身はこの現象に対して、「一緒にいる人達は仲良くて凄い良い人達ばっかりなのですが、それでもこういう風になることが多いので多分自分が向いてないだけなんですけど、1人は好きだし、機嫌悪いって思われたくないなあって気持ちです(?)」とコメント。どちらも会話を楽しもうとしているだけなんですけどね……コミュニケーションって難しい……。




画像提供:聴診器(@cho_shinki)さん


ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン