ニュース
» 2018年05月11日 12時10分 公開

625馬力のモンスターセダン「BMW・M5 Competition」 これ、多分、超絶に速い(1/2 ページ)

そもそも高性能な「M」モデルをベースにさらにパワーアップ。

[agar,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は、スポーツセダン「M5」の走行性能を強化したモデル「M5 Competition」を海外で発表しました。

M5 Competition M5 Competition

 ベースとなる6代目M5は、2017年8月に発表。4.4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、5シリーズ セダンの高性能モデルと位置付ける「M」を冠したグレードとして、初めて4WDシステム「M xDrive」を採用しました。M xDriveはFRベースの4WDシステムで、路面状況や走行状態に応じて四輪駆動に切り替わるほか、2WD固定でのスポーツ走行も可能としています。トランスミッションは8速ATの「Mステップトロニック」を採用します。

 さらに高性能なモデルとなるM5 Competitionでは、パワートレインの基本構成をM5と共通としながらも、さらに走行性能を高めるためエンジン/シャシーチューニングを施しました。最大出力は通常モデルから25馬力高めた625馬力に達し、歴代のM5で最も強力な動力性能を備えます。0−100キロ加速は3.3秒、0−200キロ加速は10.8秒以内です。標準状態では時速250キロまでのリミッターがかかっていますが、オプションの「Mドライバーパッケージ」を選択することで解除され、最高速度は時速305キロとなります。

20インチの専用ホイールを装備 20インチの専用ホイールを装備

 エクステリアは、フロントグリルやドアミラーなどにブラックの専用パーツを採用し、より精悍な印象に仕上げています。加えて、20インチの軽量アルミホイールやスポーツエキゾーストシステム、通常モデルより7ミリ車高を下げたサスペンションを備えます。インテリアは、シートベルトにMエンブレムをイメージした3色のストライプを、フロアマットやメーターパネルにもM5 Competition専用のデザインを採用し、オーナーの所有欲や満足感を高める演出も施しています。

M5 Competition:内装 M5 Competitionの内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」