ニュース
» 2018年05月11日 12時10分 公開

625馬力のモンスターセダン「BMW・M5 Competition」 これ、多分、超絶に速い(1/2 ページ)

そもそも高性能な「M」モデルをベースにさらにパワーアップ。

[agar,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は、スポーツセダン「M5」の走行性能を強化したモデル「M5 Competition」を海外で発表しました。

M5 Competition M5 Competition

 ベースとなる6代目M5は、2017年8月に発表。4.4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、5シリーズ セダンの高性能モデルと位置付ける「M」を冠したグレードとして、初めて4WDシステム「M xDrive」を採用しました。M xDriveはFRベースの4WDシステムで、路面状況や走行状態に応じて四輪駆動に切り替わるほか、2WD固定でのスポーツ走行も可能としています。トランスミッションは8速ATの「Mステップトロニック」を採用します。

 さらに高性能なモデルとなるM5 Competitionでは、パワートレインの基本構成をM5と共通としながらも、さらに走行性能を高めるためエンジン/シャシーチューニングを施しました。最大出力は通常モデルから25馬力高めた625馬力に達し、歴代のM5で最も強力な動力性能を備えます。0−100キロ加速は3.3秒、0−200キロ加速は10.8秒以内です。標準状態では時速250キロまでのリミッターがかかっていますが、オプションの「Mドライバーパッケージ」を選択することで解除され、最高速度は時速305キロとなります。

20インチの専用ホイールを装備 20インチの専用ホイールを装備

 エクステリアは、フロントグリルやドアミラーなどにブラックの専用パーツを採用し、より精悍な印象に仕上げています。加えて、20インチの軽量アルミホイールやスポーツエキゾーストシステム、通常モデルより7ミリ車高を下げたサスペンションを備えます。インテリアは、シートベルトにMエンブレムをイメージした3色のストライプを、フロアマットやメーターパネルにもM5 Competition専用のデザインを採用し、オーナーの所有欲や満足感を高める演出も施しています。

M5 Competition:内装 M5 Competitionの内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…