ニュース
» 2018年05月11日 14時25分 公開

ソフトバンク「+メッセージ」アプリの配信を一時停止 「既存メール全て消えた」との悲鳴相次ぐ

懸念されているのはAndroidユーザーへの影響。

[Kikka,ねとらぼ]

 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの共同で5月9日から提供を始めたSMSの新サービス「+メッセージ」(プラスメッセージ)について、ソフトバンクは同アプリの配信を10日に一時停止しました(関連記事)。


Softbank ソフトバンク プラスメッセージ ソフトバンクによる発表

 これまで使用されてきた「SoftBankメール」に代わるサービスとして提供が始まった「+メッセージ」ですが、従来とは全く違うデザインのアイコンが採用されたことや、操作方法等が異なっていたことにより、多くのAndroidユーザーが同アプリを誤ってアンインストール。これによりこれまで「SoftBankメール」利用していたユーザーの過去のメールが全て消えてしまう事態に発展しています。

 Twitterなどでは同アプリの提供開始後から「普通のメール使えなかったからアンインストールしたら今までのメール全部消えた(白目)」「あまりの使い勝手の悪さにアンインストールしたら既存のメールがすべて消えた」「大切な大切なメールがきえてしまった…もうSoftBankやめたいわ」と不満の声が続々と上がり、混乱が広がっています。

 そうした中、ソフトバンクは「サービスの安定稼働を図るため」として、アプリの提供を一部の利用客への提供サービス制限を発表。「お客さまには、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、いましばらくお待ちいただけますようお願いいたします」と理解を求めています。


Softbank ソフトバンク プラスメッセージ 注意を呼びかけている

 なお影響がでているのはAndroidユーザーのみで、Google Playストアの「+メッセージ」ページで「アンインストール」ボタンを押すことにより、「SoftBankメール」のアプリが初期化され、これまでの送受信メールが全て消去されてしまうとのことです。

 また「SoftBankメール」アプリを引き続き利用したい場合は、「+メッセージ」アプリをアンインストールすることで「SoftBankメール」アプリを利用することが可能。「あんしんバックアップ」アプリの旧メール保存機能を利用して、あらかじめメールデータをバックアップしてから、アンインストールするようにと呼びかけています。

 なおKDDI、NTTドコモのユーザーへの影響はないものとみられてます。

画像:ソフトバンク公式サイトより

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」