ニュース
» 2018年05月11日 14時25分 公開

ソフトバンク「+メッセージ」アプリの配信を一時停止 「既存メール全て消えた」との悲鳴相次ぐ

懸念されているのはAndroidユーザーへの影響。

[Kikka,ねとらぼ]

 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの共同で5月9日から提供を始めたSMSの新サービス「+メッセージ」(プラスメッセージ)について、ソフトバンクは同アプリの配信を10日に一時停止しました(関連記事)。


Softbank ソフトバンク プラスメッセージ ソフトバンクによる発表

 これまで使用されてきた「SoftBankメール」に代わるサービスとして提供が始まった「+メッセージ」ですが、従来とは全く違うデザインのアイコンが採用されたことや、操作方法等が異なっていたことにより、多くのAndroidユーザーが同アプリを誤ってアンインストール。これによりこれまで「SoftBankメール」利用していたユーザーの過去のメールが全て消えてしまう事態に発展しています。

 Twitterなどでは同アプリの提供開始後から「普通のメール使えなかったからアンインストールしたら今までのメール全部消えた(白目)」「あまりの使い勝手の悪さにアンインストールしたら既存のメールがすべて消えた」「大切な大切なメールがきえてしまった…もうSoftBankやめたいわ」と不満の声が続々と上がり、混乱が広がっています。

 そうした中、ソフトバンクは「サービスの安定稼働を図るため」として、アプリの提供を一部の利用客への提供サービス制限を発表。「お客さまには、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、いましばらくお待ちいただけますようお願いいたします」と理解を求めています。


Softbank ソフトバンク プラスメッセージ 注意を呼びかけている

 なお影響がでているのはAndroidユーザーのみで、Google Playストアの「+メッセージ」ページで「アンインストール」ボタンを押すことにより、「SoftBankメール」のアプリが初期化され、これまでの送受信メールが全て消去されてしまうとのことです。

 また「SoftBankメール」アプリを引き続き利用したい場合は、「+メッセージ」アプリをアンインストールすることで「SoftBankメール」アプリを利用することが可能。「あんしんバックアップ」アプリの旧メール保存機能を利用して、あらかじめメールデータをバックアップしてから、アンインストールするようにと呼びかけています。

 なおKDDI、NTTドコモのユーザーへの影響はないものとみられてます。

画像:ソフトバンク公式サイトより

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」