ニュース
» 2018年05月12日 19時00分 公開

フォロワー数=パワー! ネットユーザーが人気を武器に戦う異世界転生漫画がアツい別宅 きょうの横山家

どこかで見たような人の姿も……。

[漫画・横山了一 文章・沓澤真二,ねとらぼ]

 戦国時代に転移したオタクが、コミケでの経験を生かして活躍する『戦国コミケ』や、妻子とのコミカルな日常を描く『きょうの横山家』――多彩な作風の漫画を世に送り出し、紙でWebでとマルチに活躍する横山了一先生(@yokoyama_bancho)。この連載では、Twitterで好評を博した横山先生の作品を不定期にお届けします。

 今回紹介するのは「Instagramのフォロワー数で強さが決まる異世界転生漫画」。


Instagramのフォロワー数で強さが決まる異世界転生漫画

 主人公のミツルが目を覚ますと、そこは凶暴な魔物が跋扈(ばっこ)するファンタジックな異世界。そんな中、おしゃれさんたちがスタイリッシュに敵と戦っています。彼らのそばには「5万9000」「7万2000」と、強さを示す数字が。どうやらここはインスタのフォロワー数が、そのまま戦闘力として発揮される世界のようです。日本人なら渡辺直美さんが最強だな。


1-1

 しかし、インスタに暗いミツルのフォロワー数(=強さ)は21しかなく、仲間に守られるばかりです。そんな折、彼らの前に強力な魔物が登場。人気インスタグラマーたちを一瞬で倒してしまいます。万単位のフォロワー数でもかなわないだと……。


1-2

1-3

 独り残されたミツルが死を覚悟した瞬間――なぜか彼の強さが85万6800へ激増。右手から立ち上る“青い鳥のような”オーラで、魔物をたやすく葬ります。実はこの世界、インスタに限らずネットでの注目度ならば何でも強さに反映されるようで、土壇場で彼のTwitter力が発揮されたのです。

 かくして、「これでも僕、Twitterでは“そこそこ”なんで……!」とうそぶく、ミツルの今後の活躍を示唆して漫画は幕を閉じるのでした。日本でフォロワー数80万台というと、芸能人クラスなのですが……何者なんだミツル。


1-4

フォロワー数がそのまま強さになる異世界転生漫画 リターンズ

 同作が1万5000以上リツイートされる好評を受けて、横山先生は続編「フォロワー数がそのまま強さになる異世界転生漫画 リターンズ」も公開。新たな仲間、ブロガーの「かあちゅう」や「イケタニハヤト」らとともに戦う、ミツルの冒険を描いています。登場人物の名前に既視感があるのは、きっと気のせい。


2-1

2-2

 激戦をくり広げる一行ですが、見た目は素朴ながら豪腕を誇る魔物に大苦戦。ミツルの魔法「マキコミリプ」も通用せず、絶体絶命のピンチにさらされてしまいます。


2-3

 ところが突然、それまで目立たずにいたおじさんが、渾身の一撃で魔物を撃破。正体を隠していた彼が、バーチャルユーチューバーとしての真価を発揮したのです。その戦闘力(チャンネル登録数)、実に179万。ネットの新たな潮流が、世界を変える……っ!


2-4



 「ピンチの主人公が潜在能力に覚醒」「地味な人物が実は最強」など、ツボを押さえた展開がたまらないこの連作。ネットの流行が如実に表れている点も興味深いですね。少年漫画やラノベ的な世界観にネット文化を盛り込むのは、横山先生が得意な作風の1つ。次はどんなアイデアが飛び出すのか、次回をお楽しみに。

作者:横山了一

別宅 きょうの横山家

1978年生まれ、北海道釧路市出身。2002年に『熱血番長鬼瓦椿』(週刊ヤングマガジン)連載デビュー。妻は漫画家の加藤マユミ(@katomayumi)。妻子との日常を描くエッセイ漫画『きょうの横山家』や、オタクが戦国時代で活躍する『戦国コミケ』など、幅広い作風で知られる。

Twitter:@yokoyama_bancho


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」