ニュース
» 2018年05月13日 09時30分 公開

魔法少女界にも高齢化、若者離れの波が!?  ベテラン魔法少女を描いた漫画の発想がすごい

一生、魔法少女。

[林美由紀,ねとらぼ]

 私のママは魔法少女――Twitterで公開されたベテラン魔法少女のコメディ漫画が人気を集めています。

 作者は、漫画家のしまざき(@shimazakikazumi)さん。ツイ4で『乙女男子に恋する乙女』を連載中で、『放課後コラージュノート』『オークは望まない』『怪獣の飼育委員』などの作品も手掛けています。

 物語の舞台はごく平凡な中学2年生の桃花ちゃんの家。彼女の家に「セリージェ・ベル!」と名前を呼びながら妖精のような謎の生物がやってくる場面から始まります。妖精は桃花ちゃん……ではなく、お母さんの方に「駅前にヤミーゴスが出現したデポ」と話しかけます。お母さんは「まあまあ…お夕飯時にいやあねえ」と困り顔。


30年魔法少女1 謎の妖精(?)が「セリージェ・ベル!」と名前を呼び現れる

 するとキラリーンとお母さんが変身。ちょっと出掛けてくるからと、桃花ちゃんに留守番をお願いします。そう、桃花ちゃんのお母さんこそが「魔法少女セリージェ・ベル」だったのです。晩ご飯を心配する桃花ちゃんに「タイマーかけてあるから鳴ったら火を止めてくれる? 鳴る前に戻るとは思うけど♪」と言い残して出撃。


30年魔法少女2 ママは魔法少女!

 お母さんは闇の妖精ヤミーゴスと戦い続けて30年。この界隈で知らない者はいないというベテラン魔法少女。いい加減引退したいそうなのですが、魔法少女界は属人化と高齢化が深刻なのだそうです。若年層の魔法少女離れもあり(桃花ちゃんは「はずかしすぎ」という理由で魔法少女になってくれません)、お母さんは魔法少女を続けざるを得ない状況に……。


30年魔法少女3 魔法少女界も厳しいようですね

 お母さんとヤミーゴスとの戦いが始りますが、「お夕飯の支度邪魔したらやーよ、雑魚ちゃん」と瞬殺。さすがベテラン魔法少女! しかし妖精に「ところでそのステッキはなにデポ?」と聞かれたお母さんが手にしていたのは、さっきお夕飯の準備で使っていたおたま。ステッキはおうちに忘れてしまったようです……最近は物忘れも深刻な魔法少女なのでした。


30年魔法少女4 お母さん、おたまで敵を一撃

 魔法少女界の高齢化、若者の魔法少女離れ……現代の人間界にも言われているような問題が魔法少女界にも押し寄せているとは。漫画を読んだ読者からは「流石ベテラン魔法少女。杖とかなくても一撃かよw」「ママ最強」とリプが届いていました。

 また、妖精のCVに「大塚明夫」さんと書かれていたことに「CV大塚明夫で死んだ」「そこで大塚明夫を起用するかw」と、しまざきさんが妖精の声を渋い声の大塚さんで設定したことに反応するリプもあふれていました。

 きっと、魔法少女は修行すればなれるものではないと思うので、世襲制は難しいかもしれませんが、なんとか後継者を探したい……それにしても、魔法のステッキに頼らず、おたまでも倒せる「魔法少女セリージェ・ベル」強し。どこかに後継者はいませんか?

画像提供:しまざき@『乙恋?』6/9発売(@shimazakikazumi)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる