ニュース
» 2018年05月14日 09時00分 公開

明るい場所でも映像が空中に浮かび上がる……! 大日本印刷が開発した新たな「透明スクリーン」で二次元の夢広がりそう

バーチャルYouTuberとの相性も良さそう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 大日本印刷(DNP)は、明るい場所でも映像が浮かび上がるような演出ができるプロジェクター用透明スクリーンを開発したと発表しました。二次元キャラの召喚が捗りそう……!


大日本印刷 透明スクリーン 従来の透明スクリーン(左)/新しい透明スクリーン(右)

 新たな透明スクリーンは、輝度の向上だけでなく、独自開発した特殊な光学レンズをスクリーンに用いることで透明性も大きく向上させることに成功。また効率よく視聴者側に光を向ける技術の開発にも成功したことにより、これまで難しかった明るい場面でも鮮明に映像が浮かび上がるような演出が可能となったとしています。

 なお、DNPは2013年3月から透明スクリーンを提供。その従来の透明スクリーンと比較すると、これまでスクリーンの透明性と鮮やかな映像表示は片方を高めると片方の機能が損なわれるという課題がありましたが、見事に両方が向上しているのが見てとれます。


大日本印刷 透明スクリーン 従来の透明スクリーン(左)、新しい透明スクリーン(右)

 新開発の透明スクリーンは、市販の各種短焦点プロジェクターに対応し、場所に合わせた省スペースでの設置が可能。画面サイズは「40インチ」と「80インチ」の2種類で、複数のスクリーンを並べた大型化も可能とのこと。

 同社は、公共施設やイベント会場などでの利用に向けて同製品を販売。また映像の配信などを組み合わせたシステムとしても展開し、さまざまなサービスを提供する予定。2021年度に年間7億円の売上を目指すとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」