ニュース
» 2018年05月15日 08時00分 公開

インドのやりおるマンが水路に落ちてしまった子犬をレスキュー 自作アームつきドローンで拾い上げる

助けられた子犬は元気になりました。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 インドで汚水まみれの深い水路におちてしまった子犬を、自作したアームつきドローンで救出した技術者が話題になっています。やりおるマンだ!

インド・ラクナウの街で繰り広げられた子犬レスキュー

インド やりおるマン 子犬 救出 見るからに汚い水路から救い出される子犬

 子犬が救出されたニュースが伝えられているのはインド首都ニューデリーから南東に500キロ離れたラクナウという街。ヒーローとなったのは27歳の技術者の男性・Milind Rajさん。彼が朝の散歩をしていると、深い水路の中に子犬がいることに気がついたそう。


インド やりおるマン 子犬 救出 めっちゃ汚い


インド やりおるマン 子犬 救出 Rajさんはこの隙間から落ちたのではと考えています

 水路は身の危険を感じるほどに不潔な排水が流れ、助けに入るのもためらうレベルだったそうですが、どうにかして子犬を助けてあげたいと思ったRajさん。何か方法はないかと考えた結果、自身で研究しているAI制御のロボットアームとドローンを使って、子犬を地獄から拾い上げることにしました。発見してから6時間後、準備万端で戻ってきたRajさんはさっそくドローンを飛ばし、子犬の救出に挑みます。


インド やりおるマン 子犬 救出 AI制御ロボットアームを取り付けたドローンで子犬を救出した瞬間

 伸縮性をもたせたハーネス構造のロボットアームで優しく子犬をキャッチ。地獄のような水路からゆっくりと拾い上げ、救出成功! 救い出された子犬は地上に降ろされ、ロボットアームから解放されました。


インド やりおるマン 子犬 救出 Rajさんが開発しているAI制御ロボットアーム


インド やりおるマン 子犬 救出 子犬が地面に降ろされると、自動でアームの力が弱まるようにAIが制御しているそう

 救い出された後、子犬は水路で飲み込んだとみられる汚水やプラスチックなどを吐き出ていました。命の危険がある状態だったそうです。

 Rajさんによって「Lifted(リフテッド)」と名付けられた子犬は手厚い保護を受けて元気を取り戻し、いまではドラム・セットからひょっこり顔を出したり、テーブルに置かれたトートバッグにイタズラをしようとしたりと、子犬らしいやんちゃな姿を見せています。

 この救出作戦の様子は動画にまとめられてYouTubeで公開されており、インド国内外で注目を集めています。ネット上では「消防隊を呼んだ方が早かったんじゃないか」「他にもっと早く、救い出す方法はなかったのか」と批判的な声も上がっていますが、実際に行動を起こした彼はインドのやりおるマンとして賞賛されるべきでしょう。


インド やりおるマン 子犬 救出 ドラムの中からLifted


インド やりおるマン 子犬 救出 しっぽぶんぶんLifted


インド やりおるマン 子犬 救出 テーブルの上のバッグが気になるLifted


インド やりおるマン 子犬 救出 元気になってよかったね

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」