ニュース
» 2018年05月16日 09時59分 公開

Twitter、「荒らし行為」に対処する新たなアプローチを明らかに

荒らし投稿が検索や会話に表示されにくなります。

[ねとらぼ]

 Twitterは5月16日、「会話の健全性を高める」ための新たなアプローチについて説明しました。「ポリシー違反ではないが健全な会話を損なう」投稿を検索や会話に表示されにくくする荒らし対策としています。

Twitter 荒らし 対策 Twitterの説明

 同社はTwitterのポリシーに違反する行為には何らかの措置を取っているものの、通報されるアカウントの多くは検証の結果、ポリシー違反ではないと判明しているとのこと。新たなアプローチはこうした「違反ではないものの健全な会話の雰囲気を悪くする」ような荒らし行為に、特に会話や検索において対処するものとなっています。

 新たなアプローチは、「行動シグナル」をツイートの文脈と結び付けるというもの。行動シグナルは「アカウント登録時に利用するメールアドレスを認証していない」「同一人物が同時に複数のアカウントを持つ」「似ているツイートを繰り返し投稿し、フォローしていないアカウント宛に@ツイートする」といったもので、ほとんどは外部から見えないといいます。

 健全な会話を阻害すると判断された投稿は、違反ではないためそのまま残されますが、「返信をさらに表示」をクリックしたり、検索結果を全て見る設定にしなければ表示されなくなります。テストでは、悪意のある行為の報告が検索結果において4%減少し、会話において8%減少する結果が出たとのこと。「これはTwitter上で過ごす充実した時間を阻害するようなツイートを目にする利用者の方が少なくなっていることを意味しています」(同社)

Twitter 荒らし 対策 リプライ欄に出てくる「返信をさらに表示」

 Twitterは、取り組みは「完璧にはまだほど遠い現状」として、今後もサービスの健全性と利用者の体験の向上に努めるとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する