ニュース
» 2018年05月16日 17時50分 公開

「返信をさらに表示」以下はクソリプ? 「バズってるツイート」のリプ欄をゾーン分けした図がなるほどわかる

そしてバズったツイートは同じ運命をたどる……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Twitterの「バズってるツイート」のリプ欄(返信欄)を大まかなゾーンで分けた図が「わかる」と共感を集めています



 リプ欄を上から見ていくと、まずは「(投稿者の)友人からのお決まりリプソーン」があり、ここでは「ちょwwwお前のツイート伸びすぎwww」「それなwww通知止まらんwwwww」というやりとりが例として挙げられています。

 次が「秀逸なネタリプ/共感を呼ぶリプゾーン」で、バズったネタを元にした面白いコメントや、的を射た分析が。さらにその下に「FF外から失礼するクソリプ/ただの感想ゾーン」が続き、例では「めっちゃ笑ったwww」などがあります。

 そして、リプ欄の最下部に出てくる「返信をさらに表示」の中には、「クソリプ」の文字。つまり、取るに足らない“クソみたいなリプ”が並んでいる場合が多いとしています。全てがそうなっているとは言いにくいですが、なるほどと納得できるのも確か……!


Twitter バズ ツイート リプ欄 図 バズってるツイートのリプ欄はこうなっている?(画像提供:@ykpnd666さん)

 投稿したのは、Webデザイナーのおうゆか(@ykpnd666)さん。「こんな感じだよねっていう図です」と、これまで見てきたバズツイートから感じたゾーン分けを図にして投稿すると、このツイート自体も話題に。ちなみに投稿者による「宣伝ゾーン」を図に入れ忘れていたとのことで、実際におうゆかさんが描くボールペン画デザインのTシャツ宣伝ツイートをぶら下げることでフォローしています。


Twitter バズ ツイート リプ欄 図 自らのツイートのスレッド内で「宣伝ゾーン」を再現しています(おうゆかさんのツイートより)

 面白いのが同ツイートのリプ欄で、上から、おうゆかさんの宣伝、おうゆかさんとの会話リプライ、以前流行ってたリプ内容の分析、「FF外から失礼」からのリプや共感の声……という順に続くという、ほとんど投稿した図の通りになる結果となっています。ちなみに図に書かれた“的を得る”が「的を射る」だという指摘を、あえてクソリプだと分かった上でする人もちらほら現れていますが、やはりその多くは「FF外から失礼するクソリプゾーン」に位置していました。

 なおTwitter社は先日、「会話の健全性を高める」ための新たなアプローチをテストとして3月に導入したことを明らかにしています(関連記事)。これによると、健全な会話を阻害すると判断された投稿は「返信をさらに表示」内に表示させたりしているそうなので、一番下は「クソリプ」ゾーンという解釈は間違ってないのかもしれません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」