ニュース
» 2018年05月21日 19時00分 公開

「在留カード渡さないと帰さない」 日本eスポーツ史上に残る“最悪”の汚点、「League of Legends」国内リーグで何が起こったか(1/4 ページ)

「League of Legends」の国内リーグを騒がせ、海外にも飛び火している“Dara選手引退”騒動について、Dara選手本人や関係者に取材しました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 PC用オンラインゲーム「League of Legends(LoL)」の日本リーグ「LJL」で、去る5月3日、一部で「最悪の日」とも評される、ある事件がありました。

 その事件とは、日本チーム「Burning Core」で活躍していた韓国人プレイヤーの“Dara”選手(@LoLDara)が、前チーム「Rampage(2018年1月に“PENTAGRAM”へ改名)」から受けたハラスメントを理由に、LoLからの引退を表明したというもの。Dara選手はRapmageに在籍していた2年半の間に、3度にわたってチームをリーグ優勝へと導いた功労者。人気、実力ともに非常に高いプレイヤーの1人で、LoLプレイヤーからは親しみを込めて“Daraママ”とも呼ばれていました。

 そのDara選手が引退するというのはかなり異常なこと。この件はDara選手が外国人だったこともあり、重大な“外国人ハラスメント”の疑いもあるとして、海外でも報道されLoLシーンに大きな衝撃を与えました。


「私はプロを引退します。理由はLJLに失望しました。1部(1部リーグ)でRampageの人と会うは心がどうしても無理でした。Rampageを考えたら怖い記憶が戻って頭痛い、薬必要……。ゲロでプレイができない……。心が壊れてしまった。私は韓国に帰ります」(Dara選手の引退ツイートより)


 一体なぜ、Dara選手は引退しなければならなかったのか。Dara選手本人や関係団体に取材しつつ、これまでの経緯をまとめました。(取材協力:J1N1ゲーマー日日新聞


LoL Dara選手引退問題 Dara選手(Burning Core公式サイトより)

「在留カードを渡さないと帰さない」と選手に圧力

 Dara選手は2015年から2017年まで、「LoL」の国内プロチーム「Rampage(現PENTAGRAM)」に所属。その後、2017年11月にフリーエージェント(FA)宣言を行い、翌12月に新チーム「Burning Core」へと移籍します。Rampageとのトラブルがあったのはこのときでした。


LoL Dara選手引退問題 Dara選手が過去に所属していたチーム「Rampage(現在は“PENTAGRAM”に改名」」の公式サイト

 FA宣言の後、Dara選手は一度韓国へ戻り、2017年12月7日に荷物の引き取りや移籍手続きなどのため、再び日本のRampageの宿舎を訪れます。Dara選手によれば、この時Rampage側は「在留カードを渡さないと帰さない」「在留カードはチームの所有物」などと数時間にわたって要求。Dara選手に在留カードを提出させようとしたといいます。

 在留カードとは、外国人が日本に長期滞在する間、携帯を義務付けられている証明書の1つ。本来ならDara選手に提出の義務はありませんが、Rampage側は外に出ようとしたDara選手を走って追いかけたり、大声を出したりと圧力をかけ、パニックになったDara選手は最終的に、チーム関係者と協議のうえ、仕方なく在留カードを提出してしまったそうです。


LoL Dara選手引退問題 在留カード(入国管理局サイトより)

 Dara選手はその後もカードの返却を求めましたが、Rampage側は「在留カードはチームの所有物」との主張を曲げず、これを拒否。このためDara選手は結果的に、在留カードの携帯義務違反という状態に陥ってしまいました(その後LJLからRampageに対し申し入れを行った結果、ようやく在留カードは返却されたとのこと)。


Rampage側は「お互いの齟齬がもたらしたもの」と説明

 この時のトラブルはリーグ内でも問題視され、2018年2月にはLJLの調査の結果、Rampage(この時は既にPENTAGRAMに改名)側に「不道徳行為」でペナルティーを課すなどの処分が行われています


LoL Dara選手引退問題 LJL参加チームおよび関係者に対するペナルティについて(LJL公式サイトより)

 しかし、その後PENTAGRAMが発表した謝罪文では、「一時的に在留カードを預かってしまいましたことは事実」と認めながらも、一連のトラブルについては「お互いの齟齬がもたらしたもの」と説明。あくまでビザ更新には協力的であったとし、Dara選手に対する謝罪の言葉などは一切ありませんでした。また結果的にとはいえ、本来渡す必要のない在留カードをRampageに渡してしまったとして、Dara選手もこのときLJLから注意処分を受けています。


LoL Dara選手引退問題 LJL参加チームおよび関係者に対するペナルティーについてのお詫び(PENTAGRAM公式サイトより)

 その後、Dara選手を獲得したBurning Coreは躍進を続け、4月4日には見事2部リーグから1部リーグへの昇格を果たしました。しかし、後日Burning Coreが発表した内容によると、まさにこの試合の後、Dara選手から「引退を考えている」との発言があったとのこと。それから約1カ月、Burning Core側はDara選手に対し可能な限りの提案をしましたが、やはりDara選手が安心してプレイできる環境を提供することはできず、今回の引退へと至ったといいます。ここまでが現在までの大まかな流れとなります。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙