連載
» 2018年05月18日 01時35分 公開

俺にまでステルスモードで愛想笑いすんなよ 「ヲタクに恋は難しい」6話(1/2 ページ)

【ネタバレあり】男のさりげない仕草には、かっこよさが宿る。

[たまごまご,ねとらぼ]

ヲタクに恋は難しい (C)ふじた/一迅社

 趣味人には好きなものがたくさんある。それが足を引っ張ることもあれば、趣味人だから人とつながるものもある。

 「ヲタクに恋は難しい」は、好きなものがある人間たちの、恋なのかなんなのかわからないモヤっとした感情を描いたラブコメディ。ヲタクのみならず、いろんな若い人の背中を押してくれます。


ヲタクに恋は難しい


宏嵩なりのムーブその1「気取らない」

 二藤宏嵩桃瀬成海の2人は、ヲタクカップル。最近はうまくいっていますが、もともと宏嵩は基本1人が楽だから別に人と接さなくていいや、という生き方をしてきた人間です。

 アニメ6話のパートでは、成海といい具合の距離を保つための、彼なりのバランス感覚が見られます。

 雨が降ってきた時の出来事。カサを忘れた成海は、宏嵩に話しかけます。


ヲタクに恋は難しい 「きぐう〜」じゃないよ(2巻)

 成海の上目遣い、見ての通りめちゃくちゃかわいい。ヲタクであることを隠して一般社会で生きていくステルスモードに慣れている彼女。人に対する立ち回りは宏嵩と違い、かなり手慣れている。

 ただ、宏嵩の前では意味がない。全く気取らずに「俺も」と返す宏嵩の姿は、幼馴染的ないつも通りの安定感。

 成海はある程度いろんな期待があったんでしょう。相合い傘は大人になっても、やっぱときめくもんだぜ。恋に落ちる音がするんじゃないかなって期待もするんだぜ。

 もっとも成海は、肩肘張らない宏嵩との距離感がちょうどいいのでしょう。気を使いすぎるでもない、1人で去るでもない。一緒にぼうぜんとしながら、ヲタクネタをふったら返してくれる関係。困りながらも2人、楽しそうです。

宏嵩なりのムーブその2「さりげない」

 カサを借りた宏嵩と成海。ここで宏嵩が、ポイントの高いムーブを見せます。


ヲタクに恋は難しい イケメン動作……!(2巻)

 2人でカサに入っている際、何も言わずに、水が跳ねる道路側に自分が回る。「…おぉさりげない…」。ここは、恋に落ちる音がした…。

 何も言わずにというのがたまらないですね! もともと彼は感情を表に出したり、気を使ったりするのは得意ではない。ただ、良くも悪くも全くうそをつかない性格。そもそもあまりかっこつけようとしない。これは、成海が汚れないようにという思いからの、素の行動なんでしょう。

 自分が大切にしているゲーム機よりも先に、彼女のこと守っているのは、注目したいポイント。

宏嵩なりのムーブその3「寂しい」

 宏嵩は、成海のことをよく見るようになりました。少なくとも先輩たちが気付かない、彼女の心の様子を感じ取るくらいには。


ヲタクに恋は難しい 普段は会社で呟きまくっているのか、成海よ(2巻)

 決定打はSNSらしきものへの成海の呟きの少なさだったようです。とはいえ「元気がない ような」という繊細な状態を、人に興味がなかった宏嵩が見ている。大成長です。

 成海はというと、宏嵩にも自分の悩みを言う気はなかったようです。「あーなんかゴメンね! 余計な心配かけちゃったね でもホントに大丈夫! たいしたことじゃないし 宏嵩とは関係ないことだから!」

 ここが、成海の良くも悪くも人付き合いがうますぎるところ。気を使わせたくないからと、仮面をかぶって尻込みしてしまう。関係ないと言ってしまう。


ヲタクに恋は難しい それは笑顔じゃなくて「愛想笑い」だよ(2巻)

 感情をあらわにする宏嵩。相当珍しいらしく、成海ですら大混乱しています。宏嵩が気になっているのは、彼女の悩みの原因ではなく、つらいのを隠してこそこそしている彼女の行動そのものでした。

 「俺にまで愛想笑いすんなよ」は、クリティカルな指摘。成海もわかっているようです。自分の趣味を隠すステルスモードを続けすぎると、自分をおさえこんでしまいがちです。


ヲタクに恋は難しい 子犬みたいな宏嵩は、この作品のメインヒロインなのでは(2巻)

 実は怒っているのではなくて、寂しがっていた宏嵩。「…俺 そんなに頼りない?」

 宏嵩は成海に対して、徹底的に素であろうとしているようです。弱いところも見せます。幼馴染の成海でも知らなかった、彼のちょっとさびしんぼうなところ。

 彼自身はあまり人に自分から関わりません。でも成海といい弟といい、正直でいてくれる人に囲まれて、実は恵まれて育ってきている宏嵩。だからこそ、成海と付き合いはじめて、先輩たちと仲良くなってからは、彼の思いやりの芽が急成長している。恋人を心配して、彼女が楽しく過ごせるように、飲み会代をおごるほどですよ。ここからどんどん、「優しい」「楽ちん」なだけではない「ベスト」な成海との関係を、彼は築いていくはず。

 ちなみに、ぼくは宏×樺派です(本編を見てね)。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」