ニュース
» 2018年05月18日 11時12分 公開

どこが変わった? マツダ、小型SUV「CX-3」をリニューアル 新開発のクリーンディーゼルを採用(1/2 ページ)

新世代車両構造技術も先行採用。価格は212万7600円から。(写真30枚)

[agar,ねとらぼ]

 マツダは5月17日、クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「CX-3」のマイナーチェンジ版を発表しました。同日から予約受付を開始、5月31日に発売します。価格は、SKYACTIV-G 2.0搭載の標準モデル「20S」で212万7600円(税込、以下同)からです。

CX-3(2018年5月マイナーチェンジ版) CX-3(2018年5月マイナーチェンジ版)

 今回のマイナーチェンジ版では、新たに開発された1.8リッターのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」や、マツダが次世代車種に向けて開発を進める車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の一部を先行して採用し、ユーザーが日常的に使うシーンで「乗員の感覚と一体となった走行性能」と「環境、安全性能」をこれまでのモデルより高めたとしています。

 車体はSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREに沿い、サスペンション、シートウレタン、新開発のタイヤ、エンジンで効率的な車体制御を行う「G-ベクタリングコントロール(GVC)」などの電子制御装置の設定を刷新。クルマを操る楽しさを追求しながら、乗り心地と静粛性の向上も図りました。

 エンジンは、新たに開発した1.8リッターのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」と2リッターのガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」の2種類を用意します。

 クリーンディーゼルエンジンモデルは、低回転域から高いトルクを発生するディーゼルエンジンならではの「出足が鋭い」「実用燃費に優れる」などの特性に定評があります。今回のマイナーチェンジでは排気量を従来モデルの1.5リッターから1.8リッターに高め、高回転域でも高トルクを発生させる「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」や「可変ジオメトリー シングルターボチャージャー」などの新技術を採用しました。継続するガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0も、2018年3月にマイナーチェンジした上位車種「CX-5」(関連記事)譲りの「エッジカットピストン」「低抵抗ピストン」など、走行性能と燃費性能の向上につながる新技術を取り入れています。

 安全装備についても、夜間の歩行者認識精度が向上した「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」を採用。 「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」については作動下限速度を停止時(時速0キロ)まで拡大することで、より幅広い領域で運転をサポートできるように改良しました。

特別仕様車には18インチアルミホイールを装備 特別仕様車には高輝度ダーク塗装の18インチアルミホイールを装備

 外観では、ラジエーターグリルやLEDリアコンビネーションランプのデザインを刷新。内装は電動パーキングブレーキ(EPB)の採用に伴ってセンターコンソールのレイアウトも見直されました。収納スペースとして使えるマルチボックスを新設し、後席にもカップホルダー付きアームレストが加わり、普段使いの機能性を高めています。

 また、最上級グレード「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」も追加します。Exclusive Modsは、上位車種「CX-8」(関連記事)に採用する高級皮革「ナッパレザー」を用いたディープレッドのシートや専用のデコレーションパネルを採用し、高級感を高めています。このほか、高輝度ダーク塗装を施した18インチアルミホイールも備えます。Exclusive Modsは286万8400円(2WDモデル)からです。

特別仕様車「Exclusive Mods」の内装 特別仕様車「Exclusive Mods」の内装
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響