ニュース
» 2018年05月18日 13時13分 公開

私が銚子電鉄を守らなきゃ 「ふるさと納税」で銚子電鉄を支援できるクラウドファンディング

クラウドファンディングでふるさと納税。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 千葉県銚子市が地元を走るローカル線「銚子電鉄」を守るために、クラウドファンディング型ふるさと納税を開始しました。

ふるさと納税 クラウドファンディング 銚子電鉄 車両検査の費用として1000万円が目標

 銚子電鉄は1923年に営業が始まった総延長6.4キロのローカル線で、2006年に同社のWebサイトに掲載された悲痛な叫び「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」がきっかけとなり、今では収入の70%を占めるという「ぬれ煎餅」が名物になったというユニークなエピソードを持つ路線です。

 鉄道ファンや地元の人々から長年愛されてきた銚子電鉄ですが、年々利用者数は減少しており、「日本一のエンタメ鉄道」をキャッチフレーズに走行する車内をお化け屋敷にするといったイベント運行などで集客増を目指していますが、いつ廃線になってもおかしくない非常に苦しい経営状況にあります。

ふるさと納税 クラウドファンディング 銚子電鉄 名物となっている「ぬれ煎餅」
ふるさと納税 クラウドファンディング 銚子電鉄 銚子電鉄の2000系

 このクラウドファンディング型ふるさと納税では、現役で走らせている3000系(デハ3001号とクハ3501号)の走行装置やブレーキなど重要部の車両検査の費用として、1000万円を目標額に設定しています。

 申し込みは1口1万円からで、オリジナルデザインの限定グッズとして「マフラータオル」「孤廻手形(1日乗車券/有効期限なし)」のセットが返礼品として届けられ、申し込みから約2カ月で通常のふるさと納税と同じく寄付金としての証明書が発行されます。

ふるさと納税 クラウドファンディング 銚子電鉄 返礼品として用意されたマフラータオルと孤廻手形

 このクラウドファンディング型ふるさと納税は国内大手クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」と、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」による業務提携で立ち上げられた「地方自治体が抱える問題の解決」を目指す新プラットフォームとなっています。

 第1弾プロジェクトとして銚子鉄道のほかに妙高市(新潟県)が絶滅危惧種「ライチョウ」の保護活動への支援を求めており、今後も自治体と協力してプロジェクトを実施していくとしています。

ふるさと納税 クラウドファンディング 銚子電鉄 妙高市ではライチョウ保護プロジェクトへの支援を求めています

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン