コラム
» 2018年05月22日 10時00分 公開

【考察】スキーのジャンプ台、エグい角度にすればめっちゃ飛べるのか?

風に乗って飛びたい。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 問題です。次の図はスキージャンプのジャンプ台を横から見た図を表しています。「?」に入る「ジャンプ位置」を表す形は(1)〜(3)のどれでしょう?

答え合わせ

 スキージャンプといえば、どうしても(3)のような台からこんな軌道を描いて飛ぶイメージがある。

つい思いがちなスキージャンプのイメージ

 ところがどっこい、問題の正解は(1)、ジャンパーは下向きに飛び出すのだ。細かい規格はジャンプ台ごとに異なるが、札幌オリンピックで使われた大倉山ジャンプ台では、最大斜度35度の斜面で勢いをつけ、下向き11度で飛び出すように設計されている。

 こんな角度で100m以上も飛ぶとはちょっと信じがたい。上の図みたいに上向きに飛び出したらダメなのか? むしろそちらのほうが飛べるのでは?

上向きだとどうなる?

 直感だと上向きのほうが距離が出そうな気がするが、実はそうではない。しかもわれわれはその現象を見たことがある。

 板に勢いがついた状態で上向きに飛び出すと、板の慣性で身体が後ろに回ってしまうのだ。これでは当然、うまく飛ぶことはできない。

 これは、モーグルのコースにあるジャンプ台をイメージすると分かりやすい。モーグル競技のジャンプでは、多くの選手が後ろ向きに一回転している。

上向きだと姿勢が崩れる

 これを避けるため、スキージャンプは下向きに飛び出す。だから、普通に飛ぶだけでは当然すぐに着地してしまう。飛び出しと共に姿勢を作り、風の流れに乗って着地を遅らせるのが、この競技で長距離を飛ぶ上でのポイントなのだ。

正しいスキージャンプの軌道

 調べてみると、スキージャンプには90年弱の歴史があり、当初は文字通り「ジャンプ」して腕をグルグル回しながら飛んでいたらしい。当時の飛距離はせいぜい2〜30mだったという。

 それから、より長距離を飛べるようにスキー板、ユニフォーム、姿勢などが改良され、今の「風に乗って飛ぶスキージャンプ」に変化してきた。90年前の人が現代のスキージャンプを見たら全く別の競技に見えるはずだ。

 なお、スキージャンプという競技がなぜ生まれたのかは定かでないらしい。「あんな高いところから滑り降りるの絶対怖いと思うんだけど……」と「なぜフグを食べたのか」に似た疑問を抱く。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」