ニュース
» 2018年05月23日 17時44分 公開

もしもメロスがインスタをやっていたら? 「走れメロス」パロディーの作り込みがガチクオリティー

一気にメロスたちが身近な存在に感じられる……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 スエヒロ(@numrock)さんによる、もしも「走れメロス」のメロスがInstagram(インスタ)をやっていたら? というパロディーが、いろいろな意味で完成度がすごいことになっています。アカウント名「run_run_melos」からもうヤバイ。



 メロスがインスタに投稿したのは、処刑宣告を受けた後、親友のセリヌンティウスを一時的な人質にして、妹の結婚式に出た帰り。前日の豪雨で氾濫した川を撮っては、

ヤバい!川めっちゃ濁流っぽくなってる。。橋は?これ渡れなくない??いよいよ間に合わないかも…(泣き顔&汗)
#川 #3日チャレンジ #セリヌンティウス #橋 #激怒

 という文章まで書いて投稿しています。文面から予想するに、起きたときも「ちょっと寝坊した(汗)」とか投稿していそうですが、タグの「#3日チャレンジ」って……確かにそうだけどノリ軽すぎません?


メロス Instagram インスタ やっていた もしも ディオニス王の現代的な煽りっぷりよ

 さらにその投稿に対し、セリヌンティウス(I_am_Selinuntius)は「大変そうですが、引き続き頑張って〜」と謎にマイペースなコメント。……とおもいきや、LINE的な“TAYORI”アプリから「いま投稿見ましたが、本当に大丈夫ですよね?進捗はど…」と送っていて、心の内は気になって仕方がないようです。人に見られるインスタにはあえて余裕そうなコメントをするところに生々しさを感じる。

 他にも暴君ディオニス王(KING_Dionys)が「これはwwwヤバいぞメロスwwww」と煽るようにやたら草(w)を生やしていたり、処刑宣告となった原因の1つともいえるメロスの懐からでた「#短剣」がブームになっているとの情報や、たった2件の“いいね!”など、見どころはたくさん。


メロス Instagram インスタ やっていた もしも 「セリヌンティウス@牢」さんからのメッセージが……

 そして驚くのは、川をなんとか渡った後に遭遇してしまった山賊とのやりとりを、インスタのストーリーで投稿するというまさかの行動。「とりま棍棒でぶん殴って猛ダッシュで逃走中…」と、カメラが揺れてブレブレな映像から、その場のスピード感と緊張感が伝わってきます。いや、むしろ緊張感がないのか……?


メロス Instagram インスタ やっていた もしも 命がけのインスタ報告……!

 同パロディーが投稿されたTwitterでは、あまりのクオリティーの高さとセンスに「めっちゃ笑った」「腹筋が崩壊したw」とツボに入る人が続出。スエヒロさんは以前からたくさんの歴史パロディーネタを投稿していて(関連記事)、最近では「遣唐使の乗り換え案内」や「織田信長がスマホを持っていた場合」など、いずれも人気を集めています。

 ちなみにメロス(run_run_melos)さんのプロフィール画面も公開していて、「ただいまディオニス王との約束で、3日の間にシラクスから地元に戻って、結婚式に出てまた戻ってくるって企画やってます!」との説明が。あれ企画だったんかい!


メロス Instagram インスタ やっていた もしも 短縮URL「https://goo.gl/vCFoYc」は『走れメロス』のWikipediaに飛ぶ作り込みよう。そして下に見える普段のオシャレ写真よ……

画像提供:スエヒロ(@numrock)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」