連載
» 2018年05月25日 01時35分 公開

カップリング受け攻め問題は地雷と化しやすい 「ヲタクに恋は難しい」7話(1/2 ページ)

【ネタバレあり】今回はヲタクネタ濃いめです。

[たまごまご,ねとらぼ]

ヲタクに恋は難しい (C)ふじた/一迅社

 趣味人には好きなものがたくさんある。それが足を引っ張ることもあれば、趣味人だから人とつながるものもある。

 「ヲタクに恋は難しい」は、好きなものがある人間たちの、恋なのかなんなのかわからないモヤっとした感情を描いたラブコメディ。ヲタクのみならず、いろんな若い人の背中を押してくれます。


ヲタクに恋は難しい


受け攻め問題の溝は深い

 桃瀬成海はBL漫画を自分で描いているほどの腐女子。小柳花子も同人誌即売会ではカリスマコスプレイヤーとして活躍する腐女子。BL好き同士ですっかり最近は意気投合しています。

 アニメや漫画の話もすいすいできるよき友達関係。今までこそこそヲタクを隠していた成海には、大切な親友です。

 ただし、一点地雷がありました。カップリングの好みが、普段からどうしても噛み合わないこと


ヲタクに恋は難しい おっとこれ以上踏み込んだらやばい

 小柳は主人公×ライバル派。成海はライバル×主人公派。

 この掛け算、基本的に前に来るのが「攻め」(相手に詰め寄る方)、後ろに来るのが受け(詰め寄られる方)です。

 カップリング問題が食い違うと血を見る、みたいによく言われますが、実際に大げんかになるのは最近はそんなに無いような気がします。裏で有るのかな? 「そこは触れない」という暗黙の了解が守られているからかも。静かに距離を置くのがベスト。

 ここで、成海の彼氏・二藤宏嵩と、小柳の彼氏・樺倉太郎のカップリング論争がはじまります。

 お互いの彼氏が恋愛状態になるのはありか? 違うんだな。カップリング妄想と現実は別物。想像力をフル活用した遊戯であり、BL好きとしての信条を確認する作業です(まあこれはBLに限りませんが)。


ヲタクに恋は難しい かなり図としてわかりやすい受け攻め論になっているページ

 ぼくは圧倒的に宏×樺派です。まず「気が強くて口が悪いキャラ」は、受けにしたい。折れるところが見たい。少年漫画的熱血漢は日常的には攻めっぽいんだけど、実は2人きりだと押しに弱い、ってところ重要。特に今回年上ってのも大事なポイント。ついでに「好きなキャラは受け」にしがちというのもある。

 一方で「無口で感情が読めないキャラ」が迫ってきた時の圧は、魅力的。背の高い宏嵩はまさにうってつけ。かつ年下。ここ大事。年下が普段と逆転して攻めに転じると、力関係が逆転する。あと宏嵩は能力が全体的に高く「できる男」なのも要素的に重要。ね、宏×樺はいいぞ。

 とはいえ、樺×宏の「正統派的な強さ関係と不器用な優しさで押していく」というのも魅力的。まず美形(とする)な宏嵩が、やんちゃな樺倉に押された時の反応がどうなるかは高ポイント。普段からワイワイうるさい方が攻めに回ると、日常の流れで凍った宏嵩の心を、不器用な樺倉の心が溶かしていく……あっこれめっちゃよくない?!

 はい、絶対噛み合わないですね。答えないし。

 あんまりやると喧嘩になるのでよろしくないのですが、気さえあえばこういう議論自体はとても楽しいものです。


ヲタクに恋は難しい 腐女子の彼氏2パターン

 こんな2人の彼氏ですが、それぞれ受け流し方が違います。

 宏嵩は基本「相手の趣味に干渉しない」スタンス。でありつつも、趣味に没頭して楽しんでいる成海が好きなのと、趣味嗜好に偏見がないので、なんでも吸収する。だから成海の話はちゃんと聞いてくれます。

 一方樺倉ははっきりしており、基本BLに興味がない。BL本を買う小柳を見て、それに付き合うつもりもなく、さらっと自分好みの漫画コーナーへ。おたがい文句を言わずOKしているので、それはそれで楽。

 やっぱりお互い、趣味を最大限に分かち合える相手です。興味ある人・無い人、真逆の思想のカプ論の間柄、うまく交わしながら、お互い楽しい方向に話をもっていき、あとは踏み込みすぎないのが、ヲタクとしてクレバー。

 男子はそういえば百合カプでこういうのあんまりないですね。受け×受け多いからなあ。

ネトゲをやろう。

 ファンタジー系のネトゲをやることになった4人。個性の強い4人のことです、作ったキャラの方向性はバラバラ。

  • 成海:エルフのふわふわかわいい系アバター。でもジョブは前衛で突っ込んでいくアサシン。
  • 樺倉:人間男子の、正々堂々正面に立つ剣士。
  • 小柳:エロかっこいいセクシー魔術師。無(理のない)課金勢。

ヲタクに恋は難しい 樺倉は萌えヲタなので、かわいい女の子キャラ大好き。あとリアル成海の見た目も実は好き

 この中だと実は成海がレベル82と飛び抜けて高い、というのがいかにも「らしい」。成海はハマるとのめり込むタイプだから…。

 ではゲーマー宏嵩はというと「他人との交流がめんどくさい」「ソロプレイヤーに優しくない」という理由で、そこまで好きではない様子。別の回によると、彼自身はソシャゲやRPGのようにキャラが育つよりも、アクションゲーのように自分が訓練してうまくなる方が好きだそうです。

 とはいえ「やることはやっている」のでこうなる。

  • 宏嵩:変態ネタ装備+廃人武器の、効率重視スゴテク弓使い(レンジャーかハンターかな?)

 ネトゲって弓強いこと多いよね。

 気になるのは、こういうゲームを普段やらなそうな小柳がログインしていること。実際コスプレイヤーらしく課金装備はしているものの、レベルは全然あがっていません。じゃあなぜ、ネトゲをやろうと思ったのか?


ヲタクに恋は難しい 成海の反応がいいですね

 樺倉「お前ら見てて うらやましくなったかな」

 毎日リアルで会っている成海と宏嵩、樺倉と小柳。しかしオンライン上で、ネトゲでも会いたい、という感覚(ちなみに小柳は気が強い割に超絶寂しがりや)。

 なんでわざわざ、と思うかもしれませんが、そんなに複雑なものではないと思います。例えば恋人と一緒にいたとしても、Twitterは相互フォローでいたいとか、LINEはついついスタンプ連打しちゃうとかと同じ。ネットでもつながっていたい、と思うのはそんなに珍しい感覚ではないです。

 自分のアバターを持ってネトゲで会いたい、となるのもある意味必然。極端に束縛するわけじゃない、ちょっとすねた距離感でログインしてくるのが、小柳らしい。

 一方、成海がログインしている時に、普段入ってこない宏嵩はすぐさま駆け付けました。彼女は「ゲーヲタだから」と片付けているので、このシーンでも「…なんかしたっけ?」という感想になります。

 気づけよ! お前に! 会いたいんだよ! 成海よぅ! ……そういうところが好きなんだろうなあ宏嵩は。かわいいやつよ。ただのゲーヲタじゃないんだよ。

 なおネトゲでのコミュニケーションは、今後別のところで大きくピックアップされるようになりますので要チェック。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」