ニュース
» 2018年05月29日 20時00分 公開

「どうして人間なんて好きになってしまったんだろう」 ある特殊なバケモノの恋に胸を痛めるTwitter民続出

互いに一目惚れしている女の子と男の子。2人の仲が進展しない理由は……。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 人ならざる者が人間社会に溶け込んだところ、人間に一目惚れしてしまって先のない恋に思い悩んでいる……と思ったら? ある特殊な“人外の叶わぬ恋”を描いた創作漫画「人間に恋をしたはずだった話」に、Twitterで切なさやときめきで胸を痛めている人が続出しています。作者はとなみ(@tona_bnkz)さん。

となみ 人間 恋 漫画 創作 化け狐 死神 「人間に恋をしたはずだった話」(画像提供:@tona_bnkzさんより)

 広場の噴水前で、一定の距離を置いて座っている女の子と男の子。2人は1カ月前にひと目見たときから互いに恋に落ち、毎日同じ時間にこの噴水前に足を運んでいます。しかし声もかけずただ佇むだけで、まったく関係は進展しません。というのも実は、女の子の正体は化け狐、男の子の正体は死神だったから。両方とも人外だったパターン!

となみ 人間 恋 漫画 創作 化け狐 死神

となみ 人間 恋 漫画 創作 化け狐 死神

 人間と恋をしたところで、種族、見た目、生き方、寿命などあらゆる違いから上手くいかなくなるのは必然。そう思って声をかけることすら控える化け狐と死神なのですが、それでもつい噴水前に来てしまいます。2人は深いため息の後、「なんで人間なんて好きになってしまったんだろう」とつらい表情を見せるのでした。なんという純愛、なんというすれ違いよ……!

 互いに似た境遇なのだから、どちらかが正体を明かせば2人の恋は成就するかもしれない、と事情を知る読者はやきもきしてまう内容。一方で「住む世界が違うから」と踏み込めないのは人間社会でもよくある恋の悩みで、共感してしまうところもあります。Twitterでは「好き……」「尊い」「互いの正体を知ったときどんな顔をするんだろう」「幸せになってほしい」と2人の関係性に悶える声が相次ぎ、漫画は2万5000回以上リツイートされました。

 特に多いのは「これの続きが気になる」「続編求む」と2人の行く末を知りたがるコメント。実はこの2人、互いに仮の姿に恋をしているわけで、本当の姿がわかった時点で恋が冷める可能性もありますし、化け狐と死神という種族の違いから別の問題が生じることだってありえます。そういう危うさも含めて、2人の今後が気になってしまう創作漫画なのでした。

画像提供:となみさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」