連載
» 2018年06月01日 01時25分 公開

どんなことが「恋人っぽい」行動になるんだろう 「ヲタクに恋は難しい」8話(1/2 ページ)

【ネタバレあり】他のカップルって普段なにやってるか気にならない?

[たまごまご,ねとらぼ]

ヲタクに恋は難しい (C)ふじた/一迅社

 趣味人には好きなものがたくさんある。それが足を引っ張ることもあれば、趣味人だから人とつながるものもある。

 「ヲタクに恋は難しい」は、好きなものがある人間たちの、恋なのかなんなのかわからないモヤっとした感情を描いたラブコメディ。ヲタクのみならず、いろんな若い人の背中を押してくれます。


ヲタクに恋は難しい


ぼくらがとっても苦手だったもの

 会社で仕事中のこと。普段超絶優良社員だった二藤宏嵩が、突如ヘッドフォンをして仕事をしはじめました。ご乱心!?

 実は彼、が大の苦手。外が雷雨のため、おっかなくなっちゃってヘッドフォンをかけていた……という完璧マン宏嵩らしくない、かわいらしい理由でした。これには上司の樺倉太郎をはじめみんな、仕方ないねと許すしかない。

 それでもやはり雷が鳴るとパニックになってしまう宏嵩。喫煙室でSANチェック(正気かどうかを確認するチェック。クトゥルフTRPGネタです)、気持ちを落ち着けることにしました。

 さすがに怖いっていってもねえ、大人だしねえ、と思うものですが、桃瀬成海は気が気じゃない。普段宏嵩の動向はそこまで気にしない彼女も、今回ばかりは彼を追って、喫煙室のガラスの向こうから、SNSで宏嵩に話しかけます。


画像 直接話すわけじゃないのが、味があるというか、ちょっと切ないというか(2巻)

 彼女が語りかけてきたのは「大丈夫?」とかではない。宏嵩に休憩についてきつく指摘しながら、ぽろり。「ていうか私だって怖いんだけど カミナリ こんなガラス越しじゃ 全然安心できないんだけど」

 彼の脳裏をよぎったのは、小学校時代の自分と成海。そばにいて、それだけで安心していた頃の話。


画像 恋に落ちるやろこんなん(2巻)

 お見舞いに来た成海なんだけど、カミナリが怖くて言ってることがしっちゃかめっちゃか。ただ、宏嵩の顔を見て、幼い時の成海は言います。「…あれ? でもなんか 怖いのどっかいっちゃった!」

 これが成海の、宏嵩に対する距離感です。とてもマイペースで、けれどものすごく相手のことも心配して。感情の起伏が激しくて、気がつけば一緒に笑って。

 そんな彼女が宏嵩は好きだった。喫煙室に来てくれたのも、子供の時と同じ成海だということに、宏嵩は気づきます。「かなわないなぁ……」って言葉も、そりゃ漏れますわな。

 成海はもともと天然でジゴロな部分がありますが(樺倉ですらかわいいと、今もこっそり思っているほど……!)、宏嵩に対しての心の開き方はやっぱり特別。たぶん今回の行動も、順序立てて考えた作戦とかではないでしょう。もっと反射的に、あまり深く考えずとった行動。宏嵩と成海の距離感は、考えるものではなく、お互い自然にできるもの。だからこそ、そばに来てくれた成海のこと、宏嵩は本当にうれしかったはず。ほんといい幼馴染に恵まれたね、宏嵩。

 だから残業してる彼女置いてさっさと一人で帰るんじゃないよ! そこまでは気が回らないかこの男……。

「普通」の恋人同士

 宏嵩には普段から悩みが1つあります。

 「恋人」らしくするにはどうすればいいか。

 ヲタクかどうかに限らない問題、直面した人は多いのでは。似たようなものとして「友達らしくするにはどうすればいいか」も大きな問題。「らしく」ってなんだろう。

 いくら双方が「これでいいんじゃない?」と言っても、やっぱり相手に喜んでもらいたいというのが人情。特に人間関係が希薄だった宏嵩は、成海と2人でいるときにどうすればいいか、わかりません。

 はい、先輩の意見を聞いてみましょう。樺倉太郎さん小柳花子さん、どうぞ。


画像 面と向かって聞くものではないぞ。赤面する小柳かわいい(2巻)

 「二人きりのときどんなカンジなんですか?」

 これは聞かれたら恥ずかしい……なんて答えればいいんだ。宏嵩はこういうところがある。冷やかしとか抜きの、直球です。真剣です。

 恋人関係で分かりやすいところといえば、一緒に過ごす休日。小柳は、先週外出しようと言ったのに樺倉が渋っていたことにキレてしまいました(小柳はちょっと嫉妬が強くて語調が荒くて、時々自信のない女子です)。それを引き止めた樺倉、彼女の腕を握って、来週日曜日に埋め合わせすることを約束します。


画像 彼も大概ジゴロだよなあ(2巻)

 宏嵩目線で見ていたら、この痴話ゲンカ、魅力的でしょう。自分たちはこういうのをしたことがない。ときめいてドキドキとかない。

 2人はヲタとかを抜きにした次元で、双方の面倒くさい(デリカシーのない樺倉、イライラしがちな小柳)ところをむき出しにして、受け止めあっている仲です。恋人としていろいろ乗り越えてそうなのが丸見えです。

 一方、ヲタバレしなくていいから気楽だよね、がスタートで、幼馴染の距離感が抜けていない宏嵩と成海の関係は、全く違う。自分たちは恋人といえるんだろうか、腐れ縁なんじゃないか。

 彼が悩みに悩んだ結果導き出した行動は、成海とデートに行くというものでした。


画像 (こいつそういうのよりゲームが好きじゃなかったっけ?)って顔(2巻)

 念のため、成海は別に、現状で不満なわけではありません。コミケデートしたり、ゲーセンデートしたり、ヲタクショップデートしたり、家デートしたり。結構2人でいる時間は長い。まあ、ムードもへったくれもないですが、のびのび楽しんでいます。宏嵩、付き合いはいいんですよ。

 しかし、改めてTHE・デートに参りましょう、となるとやはりドッキリするものです。「特別」なことしようか、って急に言われても。

 次回、たぶんデート編。キスくらいしろよ?


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  8. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  9. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……
  10. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. 江頭2:50 憧れの女性と念願デートも、緊張のあまり“ガチガチ”の“デレデレ”になってしまう「こんなエガちゃん見たことない」
  3. 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  5. 【Amazonブラックフライデー】セールの目玉商品第2弾を公開 新型「Kindle Paperwhite」が30%オフ
  6. 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  7. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  8. 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. 「すごく気に入ってます!」 ワンオクRyota、4歳娘の描いた似顔絵を“タトゥー”に 著名アーティストからも「いいね!」
  10. 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」