ニュース
» 2018年06月02日 09時30分 公開

イカもキリンもちっさかわいい! 粘土で作られた約5ミリのフィギュアが驚きの緻密さ

小さいのに細かく作り込まれています。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 指先の上にちょこんと乗ったミニチュアフィギュアが、かわいいのに細部まで作り込まれていてすごいと話題です。イカの足がちゃんと10本ある!

 「粘土ミニチュア 5mmシリーズ」を制作しているのは、粘土作家&立体イラストレーターのフジイカクホ(@kakuho_fujii)さん。かわいらしい表情をした動物キャラクターの立体化や絵本の制作などをしている作家さんです。

フジイカクホ ミニチュア キリン キリン】模様の細かさもさることながらしっぽが髪の毛よりも細い!

 5mmシリーズのフィギュアは約5mm(3〜7mm程度)に仕上げた粘土ミニチュアで、デフォルメされた動物の表情やボディがとても愛らしいです。しかしこの小さなサイズだというのに、細かなところまで緻密に仕上げられています。猫の細いヒゲ、キリンの柄やたてがみの色、カメのおなかの割れ目など、デフォルメされていながらも細かなところまで作り込まれています。

フジイカクホ ミニチュア にわとり ひよこ&にわとり】ひよこのサイズは2〜3mmとのこと。米粒半分ほどの大きさ!?
フジイカクホ ミニチュア カメ カメ】カメのおなかの模様、ちゃんと割れてる!

 完成作品でさえ約5mmという小さなものなので、ひとつひとつのパーツも当然小さく、ため息や深呼吸だけで飛んでいってしまうそうです。一度なくしてしまうと見つけるのは難しいようで、もう一度作り直すとのこと。

フジイカクホ ミニチュア もぐら もぐら】「土の中からひょっこり顔を出してきた」というのが分かる作り込みようです
フジイカクホ ミニチュア ねこ ラグドール】小さいけどラグドールの愛らしさはそのまま

 フジイさんに使用している道具を聞いてみたところ、ハーティクレイという樹脂粘土を使用しており、基本的に手作業で造形し、着色は粘土同士の混ぜ込みで表現しているとのお話でした。他に使う道具は爪楊枝、虫ピン、木工用ボンドなど。

 制作にかかる時間についても質問したところ「制作にかかる時間はその時々で変わりますが、5mmシリーズでは実制作3〜4時間くらいのものが多く、制作の合間に乾燥を待つ時間なども必要になるため、丸一日くらいはかかります。この乾燥を待つ間に他の作業も行ったりするため、制作時間の表現は難しいところもあるのですが、1つだけを基準にするのならこのような感じです」とのことでした。同時進行で複数の作業を行っているようですが、爪楊枝などを使った細かい作業をおこなっている間は集中力を持続させるのが大変そうです。

フジイカクホ ミニチュア イカ イカ】足はちゃんと10本あります。折れそう……
フジイカクホ ミニチュア タコ タコ】構図的に足が1本隠れていますが、ちゃんと8本あるんです
フジイカクホ ミニチュア ブタ ブタさん】尻尾がクルンとしてるのがかわいい

 5mmシリーズを見たTwitterユーザーからは「かわいいのにこの小ささでびっくりしました」「手に乗せて飼いたい」「小さいということを忘れそう」という驚きと賞賛の声が届いています。確かに見ていると5mmがどのくらいの大きさか忘れてしまいます。

フジイカクホ ミニチュア パンダ 番外編。最小チャレンジ。パンダ】このパンダのサイズはなんと2mm!けどちゃんとパンダになってる!
フジイカクホ ミニチュア パンダ 番外編。最小チャレンジ。パンダ】定規のメモリと並べてみると本当に2mmです

 フジイさんが手がける「粘土ミニチュア 5mmシリーズ」や他の作品はTwitterWebサイトで見ることができます。現在のところ個展や販売の予定はないそうです。個展などが開かれた際にはルーペが必要になりそうですね。

画像提供:粘土作家 フジイカクホ(@kakuho_fujii)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」