ニュース
» 2018年06月05日 19時20分 公開

「ワロスwwwBOT」騒動の再来か 企業運営とみられる大量のパクツイアカウントが発見され物議

“運営元”と疑われている会社にも取材しました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 まとめサイト「ねたーる」への誘導リンクを貼る、大量の“パクツイアカウント”が発見され、問題視する声が広がっています。一連の状況から企業運営である可能性が高く、営利目的の「パクツイ(他人の人気ツイートを自分のものとして投稿すること)」に批判が集まっています。


ねたーる パクツイアカウント ねたーる(画像加工は編集部によるもの)

 問題になっている“パクツイアカウント”はいずれも、過去にTwitter上で話題になった画像やツイートをコピーしては投稿しており、ツイートが話題になったらそこに「ねたーる」の記事リンクをぶら下げる、といった挙動が特徴となっています。

 名前やプロフィールなどに一貫性はなく、一見普通のアカウントに見えますが、投稿内容はパクツイか「ねたーる」への誘導が大半。筆者がざっと調べただけでも20近いアカウントを確認することができました。


ねたーる パクツイアカウント パクツイの一例。バズったツイートの直下に「ねたーる」への記事リンクがぶら下げられている(画像加工は編集部によるもの)

ねたーる パクツイアカウント こちらは画像ネタ(画像加工は編集部によるもの)

 パクツイとはいえ、ツイートは数千〜数万単位でリツイートされることも珍しくありません。運営目的については「パクツイアカウントからねたーるにアクセスを送り、広告収入を得ているのではないか」と推測する声も。一部では「ねたーる」のサイト情報などから、運営企業を特定しようとするユーザーもみられました。


ねたーる パクツイアカウント 「ねたーる」の記事をツイートしているアカウント群。一部を除き、大半がパクツイアカウント

 パクツイも問題ですが、「ねたーる」自体もまた、他サイトやSNSからの転載が非常に多く(ねとらぼ記事からの全文転載も確認)、もし企業がこれらを運営しているのであれば大きな問題です。ただ、Twitter上で「運営元」と推測されている企業に問い合わせてみましたが、同社はクライアントから依頼を受けてサイト制作を担当しただけで、実際の運営には関わっていないとのこと。それ以上の詳細については残念ながら回答を得ることができませんでした。


ねたーる パクツイアカウント ねたーるに掲載されていた記事の1つ。ねとらぼの記事「東芝『サザエさん』スポンサー降板へ? 一部で報道、東芝広報は否定」から本文、画像を完全にコピー(ねたーるより/画像加工は編集部によるもの)

「ワロスwwwBOT」炎上騒動と手口は同じか

 企業によるパクツイアカウント運営と言えば、2013年に「ワロスwwwBOT」が炎上しアカウント凍結に追い込まれたこともありました(関連記事)。「ワロスwwwBOT」は当時約67万人フォロワーを誇る人気アカウントでしたが、ある広告会社が公開した資料から、実は企業が広告媒体として利用していたことが発覚し炎上。このときも編集部は広告会社に取材していましたが、アカウントは別の企業が運営しており、運営元については明かせないとの回答でした。

 大量のBOTを運営し、サイトにアクセスを送る手法はTwitterでは以前からありましたが、今回のように「パクツイ+バズったツイートにぶら下げ」という手法は比較的新しいものとみられています。


ねたーる パクツイアカウント 度重なるパクツイと、企業による広告利用が発覚し炎上していた「ワロスwwwBOT」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  7. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  8. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  9. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響