ニュース
» 2018年06月05日 10時45分 公開

キャプテンながはまのマニアックすぎるシリーズ:ここまでスゲー船だったのか 提督胸熱、ポール・アレンさんの潜水艦隊「RV Petrelとその仲間たち」 (2/2)

[長浜和也,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

これが個人の持ち物か!? 武蔵を発見したアレンさん所有の個人ヨット「Octopus」もすごすぎる

 アレンさんチームはPetrelを2016年に買い取って、大改装してから、前述したArgus 6000とRemus 6000を使って沈船探索を開始します。

 しかし、戦艦「武蔵」はそれ以前の2015年に発見したものです(関連記事)。武蔵は、アレンさんの個人所有ヨット「Octopus」とそれに搭載していたAUV「BlueFin-12」で探索し、最終的にROV「Octo ROV」で発見しました。この組み合わせで、第二次世界大戦にドイツの戦艦「ビスマルク」の砲撃を受けて轟沈した“英海軍の誇り”とする巡洋戦艦「フッド」も見つけています。

 Octopusは全長126.2メートル、船幅が21.82メートル、総トン数は9932トン。ドイツのヨットビルダーで1875年創業の老舗「LURSSEN」が2003年に建造したクルーザーです。2基のヘリポートを前甲板と後甲板に備え、上部構造にはヘリコプターの格納庫を備えています。さらに、船体後部にはプール式の艦載艇格納庫もあり、船尾の開口部から出港させることもできます。しかしこの堂々としたウルトラ高そうな船体……ほんとに個人で所有できるのですか、これ?(関連記事)

ポール・アレン RV Petrel 艦これ アレンさんが個人で所有しているヨット「Octopus」(出典:LURSSEN、以下同)
ポール・アレン RV Petrel 艦これ 前甲板と後甲板にヘリポートを用意(後甲板には格納庫まである)
ポール・アレン RV Petrel 艦これ 船尾からは船内に格納している艦載艇が出港できる
ポール・アレン RV Petrel 艦これ 船体後部にある小型艇格納庫
ポール・アレン RV Petrel 艦これ 艦載艇出港時には格納庫に注水する
ポール・アレン RV Petrel 艦これ 「Octopus」の操舵室。なんじゃのこのメカメカなコンソールは

 AUV「BlueFin-12」は、Bluefin Robotics(2016年2月にGeneral Dynamicsが買収)が開発した小型のAUVで、全長3.77メートル、直径32センチ。最大潜航可能深度は200メートルです。約2ノットの巡航速度でプロットした航路と水深で自律潜航できます。戦艦武蔵の探索では388平方キロメートルという広大な海域を24時間程度で調査し、そのソナー探査データから最終的な沈没予想位置を割り出したのです。

ポール・アレン RV Petrel 艦これ シブヤン海に沈む武蔵の位置を特定したAUV「BlueFin-12」(出典:GENERAL DYNAMICS、以下同)
ポール・アレン RV Petrel 艦これ おっと、意外に小さい
ポール・アレン RV Petrel 艦これ Octopusに見送られて出港するBlueFin-12(出典:PV Petrel/Facebookページ


 2018年現在、アレンさんチームの沈船探索の主役はOctopusからPetrelに移行しました。しかしアレンさんの発言やOctopusを建造し、運用管理もしているLURSSENによると「アレンさんと志を同じくする個人や団体に貸し出す可能性」が今後あるそうです。「あの艦娘とリアルで邂逅(かいこう)したい」と熱望している提督の皆さん、これでリアル掘りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

長浜和也

 IT記者は仮の姿で本業は船長(自称)。小型帆船を三浦半島の先っちょに係留する“一人旅”セイラー。伊豆諸島を旅するため、学連経験やクルー修行をすっとばして、いきなり1級船舶免許を取得してヨットに乗りはじめて早20年。かつて船で使うデジタルガジェットを紹介する不定期連載も。

 →「海で使うIT」


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.