ニュース
» 2018年06月05日 12時37分 公開

「タニタカフェ有楽町店」がオープン タニタが狙う“千代田区OL”

いっぱい歩くとグッズがもらえるポイントサービスも。

[ねとらぼ]

 タニタは6月6日、JR有楽町駅構内(東京都千代田区)のルミネストリートの一角に新業態の旗艦店「タニタカフェ有楽町店」をオープンします。コンセプトは「こころの健康づくり」で、メインターゲットは20〜30代女性。オリジナルメニューのスムージーやフォーなどを展開します。

「タニタカフェ有楽町店」が6月6日にオープン

 「楽しくておいしいヘルシーメニュー」にこだわったというオリジナルメニューのラインアップは、“かむ”食感を楽しむ「カムージー」(680〜750円、以下税別)や、1日に必要な野菜量の半分(約175グラム)を摂れる「有機野菜ともち麦のサラダボウル」「和だしのフォー」(980円)など。いずれのメニューも有機野菜をたっぷりと使用しているといいます。

「有機野菜ともち麦のサラダボウル」「和だしのフォー」など、野菜をたっぷり使用するヘルシーなメニュー

 メニューの開発やカフェ運営はオペレーションファクトリー(大阪市)と共同で担当。有機野菜の調達は楽天と提携し、農業サービス「Rakuten Ragri」に参画する生産者から直送されたものを使用しています。

 新たなポイントサービスとして、タニタの活動量計「AM-150」を会員証として使う取り組みを開始。来店時に付与される「来店ポイント」と、前回来店日から次回来店日までの平均歩数によって付与される「歩数ポイント」の合計に応じて、タニタ商品などと交換できる仕組みです。まずはモニター会員向けにスタートし、その後本格展開を予定しているとのこと。

 タニタはこれまで「タニタ食堂」を全国で展開してきましたが、カフェ業態で新たな層の取り込みを狙います。千代田区OLをきっかけに、20〜30代女子の心をつかむことはできるでしょうか。

タニタカフェ有楽町店の外観
ナチュラルな雰囲気の内観

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた