ニュース
» 2018年06月05日 15時45分 公開

【追記】「あの人、逮捕されたらしいよ」愛知県警察・痴漢撲滅ポスターに批判集中し撤去 県警「犯罪を思いとどまってほしいという趣旨」

愛知県警に取材しました。※追記あり

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 愛知県警察が発表した痴漢撲滅ポスターの2018年版が「逮捕=犯罪者」と思わせる内容で、推定無罪の原則を軽視した内容だとして批判を集めています。

「あの人、逮捕されたらしいよ」推定無罪軽視の愛知県警察・痴漢撲滅ポスターに批判集中 県警「犯罪を思いとどまってほしいという趣旨」 問題のポスター(愛知県警察公式サイトより

 毎年ユニークな痴漢撲滅ポスターを発表することで知られる愛知県警。2016年には2次元のイケメンたちが痴漢犯罪に対し厳しい言葉を投げかける「乙女ゲーム風ポスター」が話題になりました(関連記事)。

「あの人、逮捕されたらしいよ」推定無罪軽視の愛知県警察・痴漢撲滅ポスターに批判集中 県警「犯罪を思いとどまってほしいという趣旨」 「乙女ゲー風」であるとして話題になった2016年版ポスター(ティー・オー・エム公式サイトより
「あの人、逮捕されたらしいよ」推定無罪軽視の愛知県警察・痴漢撲滅ポスターに批判集中 県警「犯罪を思いとどまってほしいという趣旨」 2017年版の「痴漢即通報系女子」に対しては「冤罪を招く可能性がある」といった批判意見もありましたが、あくまで賛否を呼んだという程度でした(ティー・オー・エム公式サイト

 2018年版でも例年通りアニメ風の男性キャラクターを採用。問題視されているのは「あの人、逮捕されたらしいよ。」というキャッチコピーと、逮捕されたとうわさされる男性に対しメッセージアプリ上で展開される女性たちの会話内容です。

 メッセージでは「聞いた? あの人、痴漢で捕まったらしいよ」「気持ち悪 軽蔑だわ」「性犯罪者じゃん」「仕事もクビになるよね〜 家族も悲しむだろうなあ…」など、逮捕されたどうかが定かではない「らしい」という曖昧な情報を元にした上で、「逮捕された男性」を犯罪者扱いする内容になっています。

 推定無罪とは、犯罪を行ったと疑われた人物は刑事裁判で有罪が確定するまで罪を犯していない人として扱わなければならないという、刑事裁判制度に共通する原理。これを無視したポスターに対し、SNS上では弁護士からも「これはひどい」「ヤバすぎますね」「ヤバすぎるけど、これが警察の本音だし、世の中の多くの反応なのかもしれない」といった、内容にあきれる反応が相次ぎました。


 ポスターの内容に対して批判が集まっている件について愛知県警にFAXで取材を申し込んだところ、次のような回答がありました。


――ポスターの製作意図を教えてください。

愛知県警:本ポスターは、痴漢犯罪の撲滅等を目的に、県民の皆様に痴漢が犯罪であることを認識していただくとともに、行為者には犯罪を思いとどまってほしいという趣旨で作成したものであります。

――例年ユニークなポスターで話題ですが、今年のポスターに対しては「推定無罪の原則を軽視している」等、SNSで批判意見も多く上がっていっます。こうした意見についてはどう思いますか。

愛知県警:県民の皆様に、本ポスターの趣旨について、ご理解をいただき、痴漢犯罪の撲滅に向けて取り組んでまいりたいと考えております。

――例年のポスターは愛知県のデザイン会社、ティー・オー・エムがデザインを手掛けていましたが、今年のポスターはどちらで制作されたものですか。

愛知県警:作成に当たっては、デザイン、表記内容等について組織検討を行い、民間企業に発注しております。

「あの人、逮捕されたらしいよ」推定無罪軽視の愛知県警察・痴漢撲滅ポスターに批判集中 県警「犯罪を思いとどまってほしいという趣旨」 愛知県警の回答

 また、口頭で追加質問をしたところ、ポスターの印刷はティー・オー・エムによるもので間違いないものの、デザインや内容案はあくまで愛知県警で検討したものであるとのこと。

 ポスターの製作意図についての回答は得られたものの、批判をどのように受け止めているのかという部分に関しては、製作意図を繰り返すだけの内容だったのは残念でした。

 愛知県警によるとポスターは「行為者には犯罪を思いとどまってほしい」という意図で作られたそうですが、これでは「逮捕されると超法規的に社会的に抹殺されるので犯罪はやめましょう」という誤ったメッセージを与えかねませんし、やはり啓蒙ポスターとしてはいまひとつのような気がします。

追記(17時30分)

 ポスターの取り外しが進んでいるという声がSNSなどで見られたため再度愛知県警に問い合わせたところ、「全て取り外したという確認はまだ取れていないが、撤去中であることは事実」と認めました。撤去理由などについては追って回答したいとのことでした。連絡があり次第追記します。

追記(18時33分)

 愛知県警からポスターの撤去理由について以下の回答がありました。


愛知県警:本ポスターは、痴漢犯罪の撲滅等を目的に、県民の皆様に痴漢が犯罪であることを認識していただくとともに、犯罪者には犯行を思いとどまってほしいという趣旨で作製したものであります。

 しかしながら、各方面からポスターに対するご批判や厳しいご意見が寄せられているところであり、この様な状況の下でポスターを使用し続けながら、痴漢撲滅キャンペーンを実施してもその目的が達せられないと考え、撤去するという判断に至りました。


※記事タイトルを一部修正しました



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」