ニュース
» 2018年06月07日 21時18分 公開

明石のタコつぼのオーナー募集 捕れたタコを産地直送

[谷町邦子,ねとらぼ]

 明石だこで有名な兵庫県明石市の江井ヶ島漁協組合が、2018年のタコつぼオーナーの募集を開始しました。自分だけのタコつぼで獲れた新鮮な明石だこを、産地直送で食べられるオーナー制度は今年で9回目となります。

明石だこ

 明石焼き(玉子焼き)が有名な同市は、タコ(マダコ)の水揚げが日本一。特に明石海峡の早い潮の流れの中で育ったタコは身が引き締まっていて、味も良いと言われています。そんな明石だこの魅力を広くアピールするために、2009年から行われているのがこの「タコつぼオーナー制度」です。

明石だこ タコとタコつぼ

 オーナー制度は兵庫県漁業協同組合連合会と江井ヶ島漁協とが実施しており、申し込んで料金(1つぼ5940円、税込)を支払うと、証明書が発行されてオーナーになれます。タコつぼは証明書と同じ番号の札が掛けられ、明石の海に投入。江井ヶ島漁協が7月下旬から8月下旬にかけて、4回引き揚げてタコを獲ります。所有するつぼから獲れたタコは、活け〆や墨抜きの処理をした後、クール宅配便で全国のオーナーに直送。平均的な市場価格で換算すると、元が取れるのは2匹位からだそうです。

 引き上げ1回あたりのタコが獲れる確率は10%〜20%程度とのことで、高いとは言えませんが、一度もタコが獲れなかったとしても、終了後に1匹届ける「保険」があるので新鮮な明石だこを食べられる確率は100%とも言えます。

明石だこ 新鮮な明石だこを産地直送

 申込締切は7月6日17時ですが、先着順で400つぼまで。6月末日までに受付を終了すると、抽選で5人に明石鯛の開き2枚がプレゼントされます。申し込みは電話かインターネットから。詳細は連合会SEAT-CLUB事務局のWebサイトで確認できます。

谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐