ニュース
» 2018年06月07日 21時18分 公開

明石のタコつぼのオーナー募集 捕れたタコを産地直送

[谷町邦子,ねとらぼ]

 明石だこで有名な兵庫県明石市の江井ヶ島漁協組合が、2018年のタコつぼオーナーの募集を開始しました。自分だけのタコつぼで獲れた新鮮な明石だこを、産地直送で食べられるオーナー制度は今年で9回目となります。

明石だこ

 明石焼き(玉子焼き)が有名な同市は、タコ(マダコ)の水揚げが日本一。特に明石海峡の早い潮の流れの中で育ったタコは身が引き締まっていて、味も良いと言われています。そんな明石だこの魅力を広くアピールするために、2009年から行われているのがこの「タコつぼオーナー制度」です。

明石だこ タコとタコつぼ

 オーナー制度は兵庫県漁業協同組合連合会と江井ヶ島漁協とが実施しており、申し込んで料金(1つぼ5940円、税込)を支払うと、証明書が発行されてオーナーになれます。タコつぼは証明書と同じ番号の札が掛けられ、明石の海に投入。江井ヶ島漁協が7月下旬から8月下旬にかけて、4回引き揚げてタコを獲ります。所有するつぼから獲れたタコは、活け〆や墨抜きの処理をした後、クール宅配便で全国のオーナーに直送。平均的な市場価格で換算すると、元が取れるのは2匹位からだそうです。

 引き上げ1回あたりのタコが獲れる確率は10%〜20%程度とのことで、高いとは言えませんが、一度もタコが獲れなかったとしても、終了後に1匹届ける「保険」があるので新鮮な明石だこを食べられる確率は100%とも言えます。

明石だこ 新鮮な明石だこを産地直送

 申込締切は7月6日17時ですが、先着順で400つぼまで。6月末日までに受付を終了すると、抽選で5人に明石鯛の開き2枚がプレゼントされます。申し込みは電話かインターネットから。詳細は連合会SEAT-CLUB事務局のWebサイトで確認できます。

谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も