ニュース
» 2018年06月07日 21時18分 公開

明石のタコつぼのオーナー募集 捕れたタコを産地直送

[谷町邦子,ねとらぼ]

 明石だこで有名な兵庫県明石市の江井ヶ島漁協組合が、2018年のタコつぼオーナーの募集を開始しました。自分だけのタコつぼで獲れた新鮮な明石だこを、産地直送で食べられるオーナー制度は今年で9回目となります。

明石だこ

 明石焼き(玉子焼き)が有名な同市は、タコ(マダコ)の水揚げが日本一。特に明石海峡の早い潮の流れの中で育ったタコは身が引き締まっていて、味も良いと言われています。そんな明石だこの魅力を広くアピールするために、2009年から行われているのがこの「タコつぼオーナー制度」です。

明石だこ タコとタコつぼ

 オーナー制度は兵庫県漁業協同組合連合会と江井ヶ島漁協とが実施しており、申し込んで料金(1つぼ5940円、税込)を支払うと、証明書が発行されてオーナーになれます。タコつぼは証明書と同じ番号の札が掛けられ、明石の海に投入。江井ヶ島漁協が7月下旬から8月下旬にかけて、4回引き揚げてタコを獲ります。所有するつぼから獲れたタコは、活け〆や墨抜きの処理をした後、クール宅配便で全国のオーナーに直送。平均的な市場価格で換算すると、元が取れるのは2匹位からだそうです。

 引き上げ1回あたりのタコが獲れる確率は10%〜20%程度とのことで、高いとは言えませんが、一度もタコが獲れなかったとしても、終了後に1匹届ける「保険」があるので新鮮な明石だこを食べられる確率は100%とも言えます。

明石だこ 新鮮な明石だこを産地直送

 申込締切は7月6日17時ですが、先着順で400つぼまで。6月末日までに受付を終了すると、抽選で5人に明石鯛の開き2枚がプレゼントされます。申し込みは電話かインターネットから。詳細は連合会SEAT-CLUB事務局のWebサイトで確認できます。

谷町邦子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響