ニュース
» 2018年06月09日 19時00分 公開

「元気だったかコラァ」――かわいいけれどヤンキー口調 アバターと中身の落差が壮絶なVTuber漫画別宅 きょうの横山家

不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまう豪快な動画配信。

[漫画・横山了一 文章・沓澤真二,ねとらぼ]

 パロディ、風刺、育児エッセイと、幅広い作風の漫画を手がける横山了一先生。この連載では話題になった作品を不定期にお届けしています。今回は「バーチャルYouTuber キズモノアイ」。ヤンキー口調のVTuberが天下を目指す!?


バーチャルYouTuber キズモノアイ

 キズモノアイは、チャンネル登録数200万超の人気VTuber。大きなリボンと長髪は、有名なあの人と似ています。しかし「元気だったかコラァ」と、口調は乱暴でヤンキーのよう。木刀を片手に「今日もハードラックとダンスっちまうぜ」と、ヤンキー漫画の名作『特攻の拓』ネタを交えつつ配信しています。


1P 不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまうのか……

 トークスタイルは「バカヤロウ便所でシメるぞ!」といった調子でかなり乱暴です。かと思えば、子どもの名前を考えてほしいというリクエストに対し「『りあむ』か『のえる』」と答えるなど、時折優しさと抜群のネタのキレを見せます。ギャラガー兄弟かよ


2P 元ネタはバンドのオアシスかもしれないし、ネットで出回っている画像ネタかもしれない

 ルックスと口調のギャップで人々を魅了するキズモノアイの中身は? と、視聴者は興味津々。やがて物語の視点は運営側へ移り、とうとうその正体が明かされます。そして現れたのは、鬼ヶ島愛乃助(18歳・男)。不良グループ「怒羅下内(どらげない)」を統べる、ゴリゴリのヤンキーです。アバターと中身のギャップも壮絶だったー!


3P このいかつい男が、ボイスチェンジャーを通してしゃべってたのか……

 そもそもこの企画、舎弟の桃田がマネタイズ目的で始めたものだったようです。大成功を収めたとはいえ、ゲーム実況や「歌ってみた」を果てなく続ける生活に鬼ヶ島はうんざりしており、とうとう「もう降りる」と言い放ちます。

 しかし桃田に「みんながキズモノアイを待ってるんです……大好きなんですよ! 鬼ヶ島さんが!!」と説得されると、「マジかよ? だったらもうちょっとだけ……」と、少々デレ気味に答える鬼ヶ島。その照れた表情はキズモノアイとしての一面を彷彿(ほうふつ)させ、桃田をときめかせるのでした。予想外の展開を見せつつ、2人は足を止めずに修羅を行く。


4P そして2人は、修羅の道をどこまでも



 ヤンキー漫画でデビューした横山先生の経験が生きている(?)この漫画。読者からはリプライで「止まるんじゃねえぞ……」コールが飛んでいます。

作者:横山了一

別宅 きょうの横山家

1978年生まれ、北海道釧路市出身。2002年に『熱血番長鬼瓦椿』(週刊ヤングマガジン)連載デビュー。妻は漫画家の加藤マユミ(@katomayumi)。妻子との日常を描くエッセイ漫画『きょうの横山家』や、オタクが戦国時代で活躍する『戦国コミケ』など、幅広い作風で知られる。

Twitter:@yokoyama_bancho


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」