ニュース
» 2018年06月08日 09時00分 公開

「彼女がいないこの世界はよりよい場所」 米地方紙に掲載された辛らつな死亡記事が物議

[ねとらぼ]

 「彼女が亡くなったのを寂しく思うことはない」――米国の地方紙に掲載された死亡記事が、辛らつな内容で物議を醸したことが海外で話題になっています。

訃報サイトlegacy.comから削除された死亡記事(Internet Archiveより)

 注目されたのは、ミネソタ州レッドウッド・フォールズの地方紙Redwood Falls Gazetteに掲載された、80歳で亡くなった女性の死亡記事でした。5段落の短い記事で、初めは女性の出身地や、結婚して2人の子どもをもうけたことが書かれています。しかしその後は「夫の兄弟の子どもを妊娠し、カリフォルニアに移住」「彼女は子どもを捨て、子どもは彼女の親に育てられた」と不穏さを感じる記述が。

 最後の段落には「彼女は2018年5月31日にスプリングフィールドで亡くなり、これから審判を受ける」「子どもたちは彼女が亡くなったのを寂しく思うことはなく、彼女のいないこの世界がより良い場所だと理解している」との記述が。子どもの1人から掲載依頼があったと同紙は説明しています。

さまざまな反応が寄せられたRedwood Falls GazetteのFacebookページ

 この記事を掲載したことに対し、Redwood Falls GazetteのFacebookページには「掲載を認めたことを恥じるべき」「こんな死亡記事を載せるなんて信じられない」と批判が寄せられました。同じ記事が訃報サイトlegacy.comにも掲載されていましたが、批判を受けて削除されています。一方では、「検閲せずに載せたことを称賛する」と肯定的な意見や、「死亡記事は生きている人のためのもの」と記事を書いた子どもに同情的な声もみられました。

 亡くなった女性の親戚はメディアに対し、死亡記事に書かれていた出来事は事実だとしつつ、「書かれていないこともたくさんある」「彼女は後悔していた」と語っています。また死亡記事を書いた息子はDailyMailに対して、「何年も隠されていた真実の一部を明らかにすることは重要だった」とコメント。また別の新聞社に、攻撃的過ぎるという理由で死亡記事の掲載を断られていたことも明かしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声