ニュース
» 2018年06月08日 16時00分 公開

一回りも二回りも大きくなった猫さま 「タヌキとのハーフ説」も上がるほどのモッフモフ具合が独特のかわいさ

ニャンコの概念が崩壊する……?

[宮原れい,ねとらぼ]

 一回りも二回りも大きくなった猫ちゃんが目撃されTwitterで人気を集めています。ニャンコってこんなフォルムだったっけ……?



 座った形がまるで“だるまさん”のようなシルエットになっていて、その下にちょこんと前足が付いているといった見た目が「ね……こ……?」と一瞬考えてしまうほど強烈です。しかしお顔とおみ足はほぼ通常サイズで、その真ん丸な体とのギャップがなんだかたまらないかわいさを生み出しています。モフモフへの誘惑がすごい……!


猫 一回り 大きい デカ 丸い ね、ね……こ……さま?

 投稿したのは漫画家の納都花丸(@twitydk)さん。ある日お母さまから「最近一回り大きくなりました」と実家にいる愛猫の写真が送られてきたそうで、その姿に「きみやっぱり猫じゃない生き物なんじゃないか…?」と驚きと疑問に満ちたツイートをしたところ話題に。

 この実家の猫さまは以前からガッシリしていたようで、特にゴロンと寝っ転がると全体的に「四角い形」になる姿が目撃されていました。“猫は液体”とよく言いますが、その逆をいくような長方形にお顔と手足が付いた“固体”な感じが独特のかわいさです。



猫 一回り 大きい デカ 丸い 四角い、だと……!?

 Twitterでは想像を超えるデカさに「すごい」と衝撃を受ける声や、「めちゃかわいい」と漫画のキャラクターに例える人の声も。また同種族と思われる似たようなフォルムの猫さまの写真が寄せられ、中にはその姿から「割とガチでタヌキと猫のハーフなのではないかと…」という新説も生まれています。あり得ると思ってしまう彼らの迫力よ……。


猫 一回り 大きい デカ 丸い 体が大きいからか足が小さく見える……!

猫 一回り 大きい デカ 丸い このモッチモチのおもち感がキュート

 ちなみに以前に健康状態が心配になって獣医師さんに診てもらったところ、「この子はもともとこういう肉がしっかりついて大きくなるタイプの猫だから、心配ないです。太りすぎという事はないですね」と診断されたというエピソードも。なお最後に「まあ、痩せてもいませんけど…」というひと言ももらったとのことで、続くスレッドでは今後も定期的に健康診断を受けつつ、愛猫の様子には注意して、元気に長生きしてほしいと思いをつづっています。






画像提供:納都花丸(@twitydk)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声