ニュース
» 2018年06月11日 09時30分 公開

実行映像が衝撃的…… 32人のスタントマンが火だるまになってギネス世界記録を達成

※事故ではありません。

[宮原れい,ねとらぼ]

 南アフリカのケープタウンにて、「どれだけ多くの人数で火だるまのパフォーマンスを行えるか」という競技でスタントマン32人が火だるまになり、ギネス世界記録を達成しました。実行する様子が衝撃映像すぎる……!



スタントマン 火だるま 32人 ギネス 記録 ヤバい光景だ……

 スタートと同時に、顔を含む全身を防火服で覆ったスタントマンたちの背中へ赤い炎が点けられます。彼らはその状態で30秒歩きますが、横一列に並んで動く姿は異様すぎる光景で、説明がなかったらただの事故にしか見えません。炎の勢いも想像を超えてだんだんとすごいことに……。


スタントマン 火だるま 32人 ギネス 記録 火を点けられるスタントマンたち

スタントマン 火だるま 32人 ギネス 記録 完全に事故映像だ……

スタントマン 火だるま 32人 ギネス 記録 途中で膝をつく人も

 途中で膝から崩れ落ちて、再び立ち上がり歩き続ける人がいたり、中にはもうダメだと前に倒れる人がいたりと、現場は緊張感に包まれています。それでも、常に彼らの後ろには消化器を持った人が同じ数ほどおり、周囲に消防士もいつでも消せるように待機していたりと、その道のプロだけあって安全性も充分に保証されていたようです。

 今回企画したのは、テレビや映画で特殊効果やスタントを担当する「Paradigm Shift Special Effects」チームのKevin Bitters氏、Grant Powell氏、Vernon Willemse氏の3人。ちなみに以前の記録は、2013年10月に米国オハイオ州クリーブランドで達成された21人でした。


スタントマン 火だるま 32人 ギネス 記録 倒れた人にはすぐさま消火隊が駆けつけていました

スタントマン 火だるま 32人 ギネス 記録 すごいギネス世界記録だった……!

出典:ギネスワールドレコーズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた