ニュース
» 2018年06月11日 20時45分 公開

“裁縫あるある”ツイートに共感の声多数 結び玉や糸通し器がスポッと抜けて「じゃあの」

イーッとなるトラブルも含めて、裁縫は楽しい(?)

[沓澤真二,ねとらぼ]

 玉留めに失敗したり、なかなか針に糸を通せなかったり……裁縫でありがちなトラブルをまとめたツイートが共感を呼んでいます。あるあるすぎて泣けてくる。



 投稿主のヤマタカエ(@yamatakae)さんは、「お裁縫の楽しさを表現しました」と言いつつ、イラッとするトラブルを図で紹介しています。まずは「謎のコブ」で糸が止まって縫い続けられなくなるケース。ああ、縫っているうちに糸がからまって、布に引っかかるやつだ……。


謎のコブ リカバリーが大変でやる気なくなるやつ(画像提供:ヤマタカエさん)

 糸の終端を玉結びにして、布から抜けないようにするのは縫い物の基本。しかし、ツイートで紹介しているように、結び玉が小さくて縫っているうちに抜けてしまうケースもあります。結び玉が「じゃあの」と、竹原慎二口調で別れを告げるのがせつない。また、縫い終わりに作った玉留めが布の遠くにできてしまい、用をなさなくなるのもあるあるですね。


結び玉 「じゃあの」じゃないよ帰ってきてーっ(画像提供:ヤマタカエさん)

玉留め 糸が余っちゃうやつ(画像提供:ヤマタカエさん)

 そもそも針に糸を通すときにも、ワナのようなトラブルは待ち受けています。針の穴は小さくてよく見えず、普通の糸でも苦労するところですが、複数の糸が寄り集まった刺しゅう糸だと難易度マックス。1本だけ穴を通ったりして、徒労感でストレスがマッハになります。では糸通し器を使えばうまくいくかというと、糸が通る前に金具が根本から抜けていってしまうことも……だから「じゃあの」しないで、行かないでーっ!


針穴 みんなで行こう。お前だけが通っても何にもならないんだ(画像提供:ヤマタカエさん)

針穴 つまりこういうことです(編集部撮影)

糸通し器 せめて役目を果たしてから壊れてくれ……(画像提供:ヤマタカエさん)


 ツイートには「全部やったことある」「自分だけじゃなかった」と、共感の声が多数。「縫っているうちに糸が針から抜ける」「縫い終わるころにギリギリ糸が足りなくなる」「本来縫わないはずの布を巻き込む」など、別パターンの事例も寄せられています。

 投稿主は最後に「裁縫たのしい!!」とひと言。物作りは「楽しいけどつらい」とも「トラブル込みで楽しい」ともとれる、複雑な感情をのぞかせています。


全体 裁縫たのしい!!(?)(画像提供:ヤマタカエさん)

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」