ニュース
» 2018年06月12日 14時45分 公開

サメになって人間を襲うオープンワールドゲーム「マンイーター」爆誕! オープンワールドshaRkPGという新ジャンルを生み出す

オープンワールドでサメでRPGなのだ!

[haruYasy.,ねとらぼ]

 B級サメ映画をそのままゲームで表現したような新作ゲーム「Maneater(マンイーター)」が発表され、全世界のサメオタたちに激震が走っています。

E3の裏で開催されている「PC Gaming Show 2018」に登場
サメ 映画 ゲーム マンイーター サメになって人間を襲う
サメ 映画 ゲーム マンイーター サメのジャンプアタック! 人間は死ぬ

 「マンイーター」は凶暴な人食いサメとなって、人間を襲って、食べて、過酷な海を生き抜くというRPG。つまり「shaRkPG(シャークピージー)」です。

サメ 映画 ゲーム マンイーター 考えるな、感じろ

 人間や他の生物を捕食することで経験値が獲得でき、レベルアップすることでステータス(攻撃力や敏捷性など)が上昇。出血量を増加させるといったスキルを獲得できる「アップグレード(進化)」など、RPGとしての基本要素は備えているそうです。

サメ 映画 ゲーム マンイーター おいしそうなエサが泳いでやがるぜ
サメ 映画 ゲーム マンイーター いただきまーす!

 パイオツカイデーパツキン姉ちゃんやチャラいサーファー兄ちゃんなど、B級サメ映画ではエサ役となってしまうタイプの人間だけでなく、「SHARK HUNTER(賞金稼ぎ)」と呼ばれるエリートモンスター的な強敵もいるそうで、ヤツらと食うか殺られるかのサバイバルを繰り広げるのも本作の魅力なのだとか。

サメ 映画 ゲーム マンイーター B級サメ映画の定番スポット「ビーチ」
サメ 映画 ゲーム マンイーター 事件が起きる予感しかしない「マングローブ」

 また大きな特徴として、本作ではオープンワールド制が採用されています。具体的な広さは発表されていませんが、「マンイーター」のワールドには美味しそうな餌がうろついているビーチ、事件が起きるニオイでむせ返るマングローブなど、シチュエーションに富んだフィールドが存在し、プレイヤー(サメ)はフィールドを活用しつつ、いろいろな方法で人間を襲えるそうです。

 中には某サメ映画でみたようなシチュエーションもあって、これはもう楽しみにするなっていうのが無理な話ですね。

サメ 映画 ゲーム マンイーター サメがいる海で何やってんだ……!
サメ 映画 ゲーム マンイーター 後ろが沈み込んだボート……どこかでみた感
サメ 映画 ゲーム マンイーター いつから船の上が安全だと錯覚していた?

 「マンイーター」の開発は海外のゲームスタジオ「Blindside Interactive」が手がけており、海外メディア「PCGamer」のインタビューに応えています。

 もともとはサメと人間がチームを組んで戦うサバイバルゲーム「デプス」の拡張パックとして考えられていたそうですが、このアイデアは残念ながらボツになったそう。しかし、諦めずに「シングルプレイ」に特化して独立したタイトルとして開発したのが本作になるそうです。

 「他の生物との共闘も起こりうる」など、ゲームの仕様についてたっぷりと話されているので、気になる人はチェックしておくと良いでしょう。

サメ 映画 ゲーム マンイーター ワニなど他の生物もいるそう
サメ 映画 ゲーム マンイーター サメ同士の戦いも! 名作B級サメ映画とのコラボにも期待したいですね

 サメとなって人間を襲うオープンワールドshaRkPG「マンイーター」はPCゲームとして開発中。発売時期は未定ですが、海外のゲーム配信サイト「Steam」では近日公開となっており、そう遠くないうちにアーリーアクセスなどの展開に期待できそうです。

春山優花里@haruYasy.

関連キーワード

サメ | ゲーム | B級 | Steam


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」