連載
» 2018年06月13日 07時30分 公開

「なんでそんなにカバンがパンパンなの!?」「自分でも分からない……」劇団雌猫ひらりささんのかばんの中身あの人のかばんの中身は?

IT系企業の社員、フリーライター、同人サークル「劇団雌猫」メンバーの“トリプルフェイス”をもつひらりささんのかばんの中身は……?

[かばんの中身, ひらりさ,ねとらぼ]

 普段はかばんの中に隠れていて見えない、あの人の「かばんの中身」。性格や生き方をズバリ反映しているものや、「そんなグッズ持ってるの!?」と意外に思えるものが飛び出してくるかもしれません。

 IT系企業の社員、フリーライター、書籍化も果たした同人サークル「劇団雌猫」メンバー……と“トリプルフェイス”の活躍をしているひらりささんに、かばんの中身を教えてもらいました。


ひらりさ

平成元年生まれの副業ライター。漫画家インタビューから新書構成までゆるっと活動。

同人サークル「劇団雌猫」メンバーでもある。



「ひらりさ」さんのかばんの中身は?

 平日IT系企業の社員として働くかたわら、余暇を利用して、ライター活動をしています。オタク趣味が高じて友人たちと「劇団雌猫」という同人サークルを立ち上げ、「インターネットでは言えない話」をテーマにした同人誌「悪友」を頒布したところ、ご縁があって『浪費図鑑』として書籍化。最近はその取材・執筆活動も行っており、毎日充実した忙しさです。

 だがしかし。会社員としての仕事が終わってからライターや劇団雌猫の現場に移動する日がほとんどで、カバンのなかも常にパンパンに……。周囲から「なんでそんなにモノ入れてるの!?」とおびえられます。

 正直自分でも、カバンの中に何が入っているかよく分からず暮らしているというアラサー女にあるまじき状態で、「そんなものを人様に見せていいのか?」「この年齢の女のカバンに入っているはずのもの、私のほうが知りたいくらいだよ」と心配になったのですが、恐る恐る全ての中身を出してみました。

かばんの中身一覧

ひらりささんのかばんの中身
  • ノートPC(MacBookAir)
  • スマホ(iPhone 8)
  • Wi-Fiルーター
  • ポータブル充電器
  • ボイスレコーダー
  • コスメポーチ
  • 名刺入れ2つ
  • 定期
  • 財布
  • 劇団雌猫の同人誌
  • 小説・マンガ数冊
  • 映画・舞台のパンフレット
  • バインダー・ルーズリーフ
  • ペンケース
  • スマホ用イヤホン
  • ハンカチ
  • 持ち歩き用ミラー
  • 映画・舞台の半券

 ……出してみましたが、明らかに「今日持ち歩かなくてええやろ!」というものがたくさん入っていてやばい。

 例えばスマホのポータブル充電器は、万全を期して持ち歩いているわけではなく、「ある夜トークイベントに向かわないといけないのにTwitterのやりすぎで志半ばで充電が切れてしまい、場所が分からず、やむをえずファミマで買ったものを、そのまま入れっぱなしにしている(当然すでに電池も切れている)」だけなので、めちゃくちゃやばい。

 その他、1週間以上前に行った舞台のパンフレットも一切持ち歩く必要がない。感動した勢いで購入して帰りの電車で読み終えたものを入れっぱなしにしているが、別に読み返していない。英語学習用のルーズリーフも木曜に通ってる英語講座のためのものなので、毎日持ち歩く必要がみじんもない。今、無駄なものをカバンから出しました。

ノートPC(MacBook Air)

毎日持ち歩いているノートPC

 カバンの重さの最大の原因。会社支給のものと個人のもの、毎日かならずどちらかは持ち歩いています。お仕事しているメディアさんなどからいただいたステッカーをペタペタと貼り、自分の所属を隠匿しています。劇団雌猫で連載させていただいている「Zing!」さんの看板娘・ジングちゃんのステッカーがいちばんのお気に入りです。

スマートフォン(iPhone 8)

スマホケースは「やさしいうさぎ」シリーズ

 これがないと死ぬ。ブログの写真を撮るのにも、取材の音声を録るのも、移動中にTwitterを見るのも、移動中にメールを打つのも、移動中にKindleでマンガ読むのも、気が向いたときに英単語の勉強するのも、全部がiPhone1つで済んでいる。神。イラストレーター「ざきよしちゃん」さんの「やさしいうさぎ」ちゃんシリーズのスマホケースを愛用しているのですが、春に見に行った「ミュージカル 少女革命ウテナ」のスマホリングをONした結果、最悪のマリアージュになっています。

コスメポーチ

最近コスメオタクにジョブチェンジしたため、ポーチが巨大に

 2〜3年前までは、コスメの類は一切持ち歩いておらず、「お直し」という概念もよく理解できていなかったのですが(自分の顔に差異が出るほどのメイクを施していなかったため)、コスメを収集アイテムとして見出した結果、にわかコスメオタクにジョブチェンジし、でかいポーチを持ち歩くにいたりました。

 マイメロディがアイスクリームにINしている奇天烈デザインのこのポーチは、劇団雌猫メンバーのもぐもぐさんが「ひらりささんと同種の狂気だと思う」と言ってプレゼントしてくれたもの。狂気かわいい!

 最近は、小学生時代に『フルーツバスケット』の草摩夾くんにはまっていたとき以来のオレンジブームがきており、Diorの「サンククルール 597 ヒートアップ」、CHANELの「ルージュココ #414 サリドレ」、セルヴォークの「ディグニファイド リップス 23シアーサンド」など大量のオレンジコスメを持ち歩いています。

名刺入れ2つ

チョコレートデザインの名刺入れ2つを愛用

 チョコレートやワッフルなど「お菓子」をモチーフにした革小物をつくられている「T.rooms(ティー・ルームス)」さんというブランドが大好きで、名刺入れや定期券入れなど、こちらのチョコレートデザインのものを愛用しています。人へのプレゼントにもおすすめ。茶色いほうに会社名刺、ミント色のほうに個人名刺を入れているので、2つになってます。

劇団雌猫の同人誌

同人誌「悪友」

 これまでに4号発行している同人誌「悪友」。毎回テーマを変え、一般女性たちから「ここでしか聞けない話」を寄稿してもらっています。「同人誌を持ち歩く必要あるの!?」と思われるかもしれませんが……これがめっちゃある。というのも、ライターや劇団雌猫としての活動を説明するときに、実物を見せるのがもっとも効果的なんです。商業書籍版の『浪費図鑑』ともども、引き続き好評販売中です。

見つかって本当によかったFURLAのカバン

 FURLAのA4サイズのバッグ。マチが大きくてぱっくり開くので、モノをバンバン入れやすいという良さと、余計なものを入れっぱなしにしやすいという悪さがある。サンフランシスコに出張に行った際にアウトレットで購入したので、150ドルという驚異的な価格で手に入れることができた。持ち手に結んでいる「manipuri」のスカーフとの組み合わせがめちゃお気に入り。

 ……となんだかオシャレ野郎ぶってみましたが、正直に言うと、ここ数年は「適度にモノが入って、デザインが気に入って、使い倒しても問題ない価格帯で、周囲ともかぶらない仕事用カバン」がまったく見つからず、「気に入らないものを使い続ける苦痛を考えたら、もはやカバンを買いたくない!」と思って、ハンドバッグ+でかい紙袋or布トートバッグという、社会人としてやばすぎる装備で出勤していました。見つかって本当によかった。

 気にいったカバンで出勤できているものの、大きいカバンにモノがパンパンというのは、俗世間のさまざまなしがらみにとらわれている証のような気がしており、もっと荷物を減らしたい今日このごろです。2次元のキャラクターでも「海外旅行に行く時ですら手ぶらで来そうな、生活感のない男」が好きなんだけどな……どうしてか自分の荷物は増えていくんだよな……。いっそ4次元ポケットを手に入れる方法を知りたいです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」