ニュース
» 2018年06月13日 20時00分 公開

清楚なあの娘を痴漢から守ろうとしたら Twitter漫画「高嶺の花とヤンキーの騎士道精神」ヒロインに惚れる読者続出

守ってあげたい…いや、守ってほしいかも!?

[ひーこ/プレスラボ,ねとらぼ]

 いつも電車で見かけるお嬢様系女子高生、しかし彼女には思わぬギャップがあって……? Twitterに投稿された漫画「高嶺の花とヤンキーの騎士道精神漫画」が、9万件以上のいいねを集めるなど話題になっています。



 この漫画を投稿したのは、Twitterやpixivで活動しているかっく(@cak221)さん。過去には、創作漫画「美女と猟師」「君の人生全部を幸せにしてあげたい話」などが話題になっていました(参考記事)。

 主人公は、不良とまではいかない、ヤンキー風の男子学生。彼が憧れているのは、毎朝通学時に電車で見かける美少女。黒地のセーラー服に長い黒髪という組み合わせが、いかにも清楚なお嬢様です(あとなんかすごい良い匂いするらしい)。そんな「高嶺の花」とヤンキー崩れの自分では、住む世界が違う……。お近付きになる気はなく、ただ見守る姿勢を貫いていました。


漫画1ページ目 まさに「高嶺の花」な美少女

 そんなある日、主人公は電車内で痴漢に遭遇します。しかも被害者は自分自身。なぜ、こんなことになっているのでしょうか。空いている車内で、怪しそうな男が高嶺の花に近寄って行ったため、彼女を守るべく2人の間に体を割り込ませたのですが……男はターゲット変えたのか、こともあろうに主人公の尻を触り始めたのです。


漫画2ページ目 急展開

 痴漢は屈辱的だが、自分が耐えれば彼女を守ることができる……。涙をこらえながら「高嶺の花は俺の尻で守る!!」と決意する主人公を庇ったのは、なんと高嶺の花本人でした。困った表情で「そういうの…よくないと思います」と告げると、痴漢男は逆上。「な…何の言いがかりを…このアマ!!」と、勢いよく彼女に手を伸ばします。


漫画3ページ目 高嶺の花、逃げて!

 ところが高嶺の花は男の手を掴み、肘を支点に男の体を引き倒します。幼少より武道を叩き込まれていたという彼女。思わず座り込む主人公に優しく手を差し伸べ、「私を庇って下さったんですよね? そんな貴方が辱めを受けているのを見過ごせなくて…守れてよかった 立てますか?」と話しかける様子はかっこよすぎるし美しすぎます……トゥンク……。かくして、腰は抜けたが尻は守られ、さらに心も奪われることになってしまった主人公。この先2人の関係はどうなっていくのでしょうか? 


漫画4ページ目 高嶺の花さん、マジイケメンっす

 漫画を読んだ読者からは、「女の子カッコいい」「惚れちゃいそうです あ、もちろん女の子の方に」など高嶺の花を絶賛する声のほか、「続きが気になる…!」「続けてください」と続きを切望するリプライも多く集まりました。

 そんな声に応えるかのような形で、6月9日には続編が公開されました。痴漢事件以来、同じ電車になると話をするようになった2人。彼女の強さにおののきながらも、自分なりに精一杯守ろうと奮闘する主人公の健気さが光る、おいしい展開になっています。




画像提供:かっく(@cak221)さん


ひーこ/プレスラボ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる