ニュース
» 2018年06月14日 17時05分 公開

1970年代からやってきた電動バイク「ONYX」が醸し出すレトロフューチャー感がすごい(1/2 ページ)

コンセプトは「ノスタルジックな電動バイク」。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 どこか懐かしい感じがするビンテージ風デザインの電動バイク「CTY」「RCR」が、海外メーカー「ONYX」から発表されました。

ONYX 電動バイク ビンテージ レトロ 海外 ビンテージ風デザインの電動バイク
ONYX 電動バイク ビンテージ レトロ 海外 左がCTY、右がRCR

 「ノスタルジックな電動バイク」をコンセプトに、街乗りをメインにした「CTY」、スポーティな走りが楽しめる「RCR」の2種類をラインアップ。ヤマハやホンダなどが販売している現代のバイクにはないシンプルなルックス特徴となっています。

 1960年代から70年代ごろの日本で活躍していたホンダ「ロードパル」や「ベンリイ」、ヤマハ「YDS1」など、数々のビンテージ車を連想させるシルエットに仕上げられており、レトロなのに近未来感を漂わせるルックスに惹かれます。

ONYX 電動バイク ビンテージ レトロ 海外 70年代ごろのバイクっぽいレトロ感
ONYX 電動バイク ビンテージ レトロ 海外 オンだけでなく、オフもある程度は走行できる

 「CTY」のスペックは最高出力2.5キロワット、3.5馬力に最高速度は約49キロ。走行距離は約64キロほど。

 上位モデルとなる「RCR」は最高出力5.4キロワット、7.24馬力で最高速度は約96キロ。走行距離は約120キロとなっています。

 電動バイクならではの機能として、エコ、ノーマル、スポーツという3つの走行モード切替システムが搭載されており、速度やトルク、走行距離に影響を与え、ユーザー側で少しだけスペックを変化させることができるそうです。

ONYX 電動バイク ビンテージ レトロ 海外 速度や燃料などのメーターはデジタル

 ONYXはクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で量産化に向けた資金調達を行っており、価格は「CTY」が1875ドル(約20万円)、「RCR」が2800ドル(約30万円)となっています。

ONYXが公開しているデモ映像

 すでに目標額の2倍以上となる資金を230人を超えるユーザーから集まり、プロジェクト成功を確定させています。

 日本からも申し込みが可能ですが、どちらも国内の免許制度では中型(普通自動二輪)免許以上が必要となるので注意が必要。また国際便での配送となるので、送料として600から1000ドルほど追加で必要になるので、しっかりと検討した方がよいでしょう。

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10