ニュース
» 2018年06月15日 19時30分 公開

ゲームというよりメンタルセラピー ごみ屋敷をひたすらリノベーションする業者シミュ「House Flipper」に癒やされる週末珍ゲー紀行

本当にリノベーションしているのはあなたの心です。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー、Ritsuko Kawai@alice2501)さんが、その時々で気になった変なゲームをピックアップする週末珍ゲー紀行。今回は疲れたあなたの心を癒やす、ごみ屋敷リノベーションゲームHouse Flipperを紹介します。基本的には無害な癒やしのゲームですが、一部、ゴミ屋敷につきものの「ヤツ」が出てきますので、そこだけはご注意を……!(モザイクは入れておきました)



ライター:Ritsuko Kawai

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




清掃とは己の精神と向き合うこと

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する週末珍ゲー紀行。第17回は、荒れ果てた廃屋をひたすらリノベーションするだけの日曜大工シミュレーター「House Flipper」を紹介します。清掃とは己の精神と向き合うことであり、部屋を片付けるという行為は自らの心を磨くことにほかなりません。その集大成であるハウスフリップの行き着く先は、心の再生。これはゲームというよりも、メンタルセラピーのような作品です。


珍ゲー紀行 House Flipper

 仕事や課題に行き詰まってしまった時に限って、気が付いたら無心になって部屋やオフィスを掃除していたという経験はありませんか。それは行き場をなくした集中力が乱れた環境を整えることに注がれ、停滞することのストレスを無意識に軽減しているからです。また、怠慢に支配されて性欲もなく、何も喜びを感じることができない時、トイレの水を飲んで体力が回復するくらい便器をピカピカに磨いたら少し元気が出ることってありますよね。このゲームはまさに、無気力から切り開ける明鏡止水の境地を追体験させてくれます。

 プレイヤーの目的は、購入した廃屋を清掃・修理・改善してから転売することで利益を上げることです。眼前にそびえ立つ屑(くず)の山。えたいの知れない液体に塗れた家具と床。生ごみや酒瓶に巣くうゴキブリの群れ。バスルームは禍々しく変色し、くすんだ窓ガラスは光さえも通さない。そんなごみ屋敷を清掃し、タイルを張替え、壁の色を塗り直し、壊れた備品を修理して、そして新しい家具を納入する。劇的なビフォー・アフターに人々は価値を見いだし、生まれ変わったマイホームはオークションを通じてあなたの手を離れていきます。孤独な改装作業の末、心に振り込まれる達成感はプライスレスです。


珍ゲー紀行 House Flipper 改装前はまさに地獄絵図

珍ゲー紀行 House Flipper 大量のGは掃除機で一網打尽(モザイクは編集部によるもの/クリックでモザイクなしに)

珍ゲー紀行 House Flipper まあなんということでしょう

 もちろん、最初から何でもこなせるわけではありません。リノベーションの達人も出発地点はごみ拾いから。ゲームスタート時はオフィスという名のごみ溜めに、仕事を受注するためのラップトップを1つ所持しているだけ。掃除用具すら使えません。リノベーション物件を購入できる資金がたまるまでは、元カレの報復で部屋を荒らされた女性を助けたり、アルコール依存症の大学生に借家を台無しにされた老人の願いをかなえたりして、清掃の極意や左官の技術を身に着けていきます。既存の壁を破壊して部屋を広くしたり、物置として使われていた空間をバスルームに作り変えたり、さまざまな依頼を通して全てのツールにアクセスできるようになった頃には、一軒家を買えるくらいのお金がたまっているでしょう。

 全てのアクションには経験値があり、清掃や改築の回数を重ねることで得られるスキルポイントを振り分けることで、次第に作業効率も向上していきます。モップの有効範囲を広げたり、備品を組み立てる手先を器用にしたり、壁を塗る際にペンキの無駄遣いを減らしたり、ハンマーで壁を壊す時のスイング力を上げたり、物件を売却する上で価格交渉を可能にしたりと、育成項目は多種多様。最終的には全てを極められますが、何を優先するかはプレイヤー次第です。また、実務で学んだ技術を駆使して、本拠地であるオフィスを自分色にリノベーションするのも本作の醍醐味。自分の作品を写真に収めることはもちろん、PCから参照した画像をゲーム内の自室に飾ることも可能です。


珍ゲー紀行 House Flipper お部屋を開放的にして欲しいとの依頼

珍ゲー紀行 House Flipper 壁を取り払ってリビングとキッチンを融合

 日々の生活に幸福を見いだすことができない。自分の将来に漠然とした絶望感を抱いている。最近物忘れが激しい。何をするにもモチベーションが湧かない。疲労感はあるのに眠りにつけない。とにかく集中力がない。そして性欲がない。そんな人におすすめです。時に人は、ただ途方もなく1つの作業を繰り返すことで精神の平穏を取り戻せるもの。ちなみに筆者は、この原稿を執筆するまでに6時間ゴキブリを掃除機で吸い続けました。はっきり言ってゲームとしては極めて地味ですが、心のリノベーションだと思ってプレイしてみてください。そして生に対する執着心が戻ったら、リアルの部屋も掃除しましょう。


Ritsuko Kawai


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」