コラム
» 2018年06月19日 11時00分 公開

【マンガ】「イルカの頭には“メロン”が入っている」って知ってた?

しかも、プルプルですって!

[ねとらぼ]

 超音波を使って、周囲の状況を捉えるイルカ。その能力には、頭部に入っている「メロン」が関わっているといわれています。英語のつづりはあの甘いメロン(Melon)と一緒なのですが、一体、どんなものなのでしょうか。今回は、イルカの雑学をご紹介。

解説

 イルカはあごの上に出っ張ったおでこを持っていますが、この内側に入っているのは脳ではなくて、「メロン器官」という脂肪組織。これには音を一方向に向けて収束させ、前方に放射するレンズのような役割があるといわれています。

 このメロン器官から出てモノにぶつかり、跳ね返ってきた音波から周囲の状況を把握しているのですが、その精度は非常に高く、しばしば「イルカは音でモノを見ている」と評されます。北極海、オホーツク海などに生息する「シロイルカ」には特に発達したメロン器官があり、自分で動かすことが可能。それによって、超音波を放射する向きを変えることができるといいます。

 ちなみに、メロン器官があるおでこ部分はとても柔らかく、八景島シーパラダイス(神奈川県)は「ぷるぷるオデコ」と表現しています。なにそれ気持ちよさそう。

おまけマンガ



主要参考文献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響