ニュース
» 2018年06月21日 16時12分 公開

やっぱクボタさんスゲぇ!! 「自動運転コンバイン」発売、農の未来を担う何とも凜とした姿よ

農家の高齢化問題、作業効率の向上や省力化への貢献に超期待。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 農業機械大手のクボタが、自動運転によって稲、麦の収穫作業を自動化する自動運転コンバイン「アグリロボコンバイン」を2018年12月に発売すると発表しました。

コンバイン アグリロボコンバイン WRH1200A

 同社はこれまで「ファームパイロットシリーズ」としてGPSなどで位置情報を得て制御する農機を投入しています。今回の新機種はこれらに自律走行と自動作業を支援する「自動運転アシスト機能」を新たに加えて機能を高めたもの。「自動運転化」によって農作業の効率化、省力化が一層図れるようになるとしています。

コンバイン GPSユニット(基地局)

 アグリロボコンバインはキャビンルーフにGPSアンテナ、さらに各種センサーと高度な制御システムを搭載し、別途基地局となるGPSユニット(オプション:120万円)と組み合わせて運用することで、誤差数センチの高精度な刈取り作業を可能にします。

コンバイン 自動刈り取り中

 そしてGPSと自動運転アシスト機能によって、効率的な作業ルートの自動作成、未刈り部分の幅や形状に応じた刈取部の昇降や方向修正、刈取り・脱穀クラッチのオン/オフ、次行程への旋回といった一連の作業工程を自動で行います。

コンバイン 収穫物の排出場所まで自動で移動

 さらに、グレンタンク(収穫物の貯留部)下に設置された収量センサーでタンクが満タンになるタイミングも予測して制御します。最適なタイミングで事前に登録しておいた排出ポイント(例えば、運搬用トラックなど)付近まで自動で移動。そして、排出したら刈取り再開ポイントまで自走して戻り、自動運転アシストによる刈取りを再開します。現時点、周囲の安全確認や緊急停止操作のために作業者の乗車は必要ですが、作業のほとんどをコンバインにお任せできてしまえるそうです。これが未来のコンバインか……自動運転スゴい!

 価格は1570万円(税別)から。アグリロボコンバイン WRH1200A……農と食の未来を担う、この凜とした姿。何とも見入ってしまう美しさがありますね。

photo 同じく自動運転対応のトラクター「アグリロボトラクタ SL60A」
photo クボタの自動運転農業機器3モデル。自動運転対応の8条植え田植機もある(写真=右)
photo 自動旋回と最適な中割が可能
photo 最適な刈取ルートを自動計算

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた