ニュース
» 2018年06月26日 16時00分 公開

「クソゲーオブザイヤー2017携帯」まさかの「該当作品無し」 ゲーム界“裏の祭り”に何が起きたのか(1/2 ページ)

「クソゲーが出ないことは良い事です」。その言葉は、どこかむなしく感じた。

[コンタケ,ねとらぼ]

 クソゲーオブザイヤー(以下「KOTY」)。それは、その年に発売されたゲームソフトの中で、一番の「クソゲー」をユーザーたちが決めるゲーム界の“裏の祭り”である。2004年から実に14年もの続くこの祭りに、今、ある“異変”が起きている。携帯ゲーム機版の大賞が、初の「該当作品無し」となったのだ。


クソゲーオブザイヤー 2017 携帯 該当なし 「クソゲーオブザイヤー」2017携帯総評。初の「該当なし」となった

 一体何が起こったのか。携帯ゲーム機は良作ばかりになったのか。小説「ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム」の筆者で低評価ゲーム愛好家の赤野工作さん(模範的工作員同志/@KgPravda)に話を聞いた。

そもそも「KOTY」とは

 赤野工作さんの話の前に、「KOTY」自体について簡単に説明をしておきたい。

 この「KOTY」なる不名誉な賞の発祥は、2ちゃんねる(現「5ちゃんねる」)。据え置き機のゲームソフトは家庭用ゲーム板で2004年から、携帯ゲーム機のソフトは携帯ゲームソフト板で2007年から専用スレが立っており、その年一番のクソゲーを決めるべく議論が重ねられている(他にも乙女ゲー、エロゲーなど派生部門あり)。

 大賞の選考基準は投票などではなく、「KOTY」に推したいと思ったゲームをプレイした人間がスレに選評を投稿するというユニークなもの。この選評を元に、最も多くのスレ住人を納得させたゲームソフトが大賞となる。最後は一連の流れをまとめた「総評」が投稿され、ノミネート作品とともにその年の低評価ゲームが総括されるという流れだ。

 ちなみにこの「KOTY」、始まった当初の2004年〜2006年は「ゼノサーガ エピソードII」「ローグギャラクシー 」「ファンタシースターユニバース」が大賞に選ばれており、いかに面白くないかよりも「知名度や期待度の割に振るわず評価が荒れたゲーム」が選ばれていた。


クソゲーオブザイヤー 2017 携帯 該当なし 「KOTY」2004を受賞してしまった「ゼノサーガ エピソードII」。しかし、当時は今と選考基準が違った(画像はAmazon.co.jpから)

 しかし、2007年に「四八(仮)」というマイナーなゲームが、あまりにも筆舌に尽くしがたい内容だったため大賞を受賞。以降、「知名度や期待度よりも内容自体で大賞を決める」という方向転換をするに至り、その衝撃は四八ショック(ヨンパチショック)という名が付けられた程であった。


クソゲーオブザイヤー 2017 携帯 該当なし 「KOTY」の選考基準を変えてしまった「四八(仮)」(画像はAmazon.co.jpから)

 以降、「KOTY」はメジャー、マイナーを問わず、実に幅広く大賞を選出するようになった。この方針転換により、大賞はマイナーなゲームが選出されることが増え、「該当なし」となるような事態は今後も起こらないであろう……と思われていた。

「クソゲーが出ないことは良い事です」

 「KOTY」携帯2017の結果が決定したのは、2018年6月6日。その総評は、以下の通りだ。

昨年のKOTYは稀に見る難産であった。

選評の届いていた一作を大賞に据える、それだけの事が遠かった。

2011年の終わりと共に闇へ葬り去られたはずの「Wizardry 囚われし亡霊の街」が2016年の訪れと共に蘇ったのだ。

 

スレ住民達に誤当地と恐れられた「人生ゲーム ハッピーファミリー ご当地ネタ増量仕上げ」と最後まで据置版KOTY大賞を争った"あの"亡霊である。

 

諸々の問題で疲れ切っていた携帯スレ住民は為す術もなく亡霊に蹂躙され、検証は困難を極めた。

更にはトドメを刺しにでも来たのだろうか、SSAからの刺客「太平洋の嵐 〜皇国の興廃ここにあり、1942戦艦大和反攻の號砲〜」が年末の魔物として現れる。

 

嵐と亡霊に呑まれ、携帯スレが焦土になりつつも2017年10月吉日、約22ヶ月に及ぶ戦いは「亡霊の大賞受賞」という結果で幕を下ろした。

二度と現世へ迷い出ない事を願う。

 

****

 

そうして2017年、もはや住民にかつての力など残っていない。

それを象徴するかのようにスレが立つのが遅れ、候補に上がるゲームは一本も無く、総評案を篩にかける段になった今もスレはPart1のままである。

 

我々はクソゲーに敗北したのだろうか?

否、大賞候補となり得るクソゲーが存在しないことは本来喜ばしい事である。

携帯KOTY始まって以来の出来事を祝し、この言葉をもって締めくくりたいと思う。

 

「クソゲーが出ないことは良い事です」

 事情を把握していないければ、文意を理解するのも困難なこの総評。ただこの文章からは、哀愁や無力感、そして諦めといった感情が漂うことだけはお分かりいただけるかと思う。

 「クソゲーが出ないことは良い事です」。そうだ、まさにその通りだ。ぐうの音も出ないまっとうな正論である。しかし、なぜだ。なぜこんな悪のり好きなスレッドの5ちゃんねる住人が、正論を述べているのだ。ありえない。こんな正論がまかり通り、総評として選出されるなどありえないことのはずだ。こんなきれいな言葉は、ゲーム雑誌で業界人がろくろを回しながら語るべきである。

 また、総評にも書かれている通り、携帯ゲーム板の「KOTY」2017のスレは選評が届かないまま終わってしまったのだ。さらに、もう2018年も折り返しを過ぎているというのに、なんと2018年のスレは“立っていない”。「KOTY」2018携帯のスレは、現在も存在してないのである。

 一体どうしてこのような事態に至ったのか。事情に詳しい赤野工作さんに詳しい話を聞いた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  3. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  7. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  8. /nl/articles/2201/23/news013.jpg 【漫画】「パニック発作でバスに乗れない」とタクシードライバーに打ち明けたら…… 優しく愛あふれる言葉に涙した話
  9. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」
  10. /nl/articles/2001/14/news135.jpg つるの剛士ショック! 保育士免許取得に向けて勉強を始めるも受験資格満たせず 「受験資格をみて愕然…」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」