ニュース
» 2018年06月24日 08時00分 公開

「食べかけポッキーをチョコに植えると再生する」? ジョークを真に受けて実践した娘と、夢を守ろうと奮闘するお父さん

父娘のやり取りを想像するとなごむ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ポッキーのチョコが付いていない部分を溶かしたチョコに刺しておくと、3〜4日で元通りに復活する」――ネットで広まったジョークを、真に受けた娘が実践して確かめたという、お父さんのツイートが話題です。本気でポッキーを栽培しようとする娘と、その夢を守ろうとする(?)お父さんのやりとりが実にほっこりします。


元ネタ 元は漫画家が考えたジョーク。要するに「食べかけのポッキーをチョコに植えると再生する」……ネギかっ!(画像提供:ゴトウマサフミさん)

栽培 読者がネタを娘さんに見せたら、彼女は本当に実行してしまいました(画像提供:じゃんぼ187さん)

お父さんの配慮 娘をがっかりさせないように(?)、お父さんが新しいポッキーに植え替え。長さにメリハリをつけ、まばらに伸びたかのように演出しているあたり芸が細かい(画像提供:じゃんぼ187さん)

 元のジョークは、漫画家・イラストレーターのゴトウマサフミ(@goto_masafumi)さんが、2016年に公開したイラスト。これをじゃんぼ187(@jumbo187)さんが小4の娘さんに見せたところ、真に受けて本当にポッキーをチョコに植えてしまいました。すると、お父さんは夜のうちにこっそり新しいポッキーに植え替え。翌朝に結果を見た娘さんは、「本当に伸びた! やった!」と喜んで根こそぎ食べたのだそうです。


 編集部の取材に、「面白い画像ツイートがあるとちょくちょく印刷して娘に見せている」と、じゃんぼ187さん。今回の娘さんの反応を詳しく聞くと、半信半疑ながらも「やってみたい!」と大興奮だったので、自由に実験させたのだそうです。

 再生した(体の)ポッキーを食べたときの反応はというと、どうやらチョコレートだけが伸びると想像していたようで、「中のクッキーも伸びていた」とひと言。いまだに疑いつつも、目の前に起きたこと自体は事実(?)なので、戸惑っているそうです。そんなお茶目なイタズラのせいで、じゃんぼ187さんは奥さんからはあきれられてしまったのだとか。

 なお、元のジョークを生んだゴトウマサフミさんは熊本在住で、震災に見舞われた当時、「不謹慎かもしれませんが、こんなことばかり描きたいんです」と投稿していました。現在はEテレのアニメ「くつだる。」の原作を担当しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」