ニュース
» 2018年06月24日 08時00分 公開

「食べかけポッキーをチョコに植えると再生する」? ジョークを真に受けて実践した娘と、夢を守ろうと奮闘するお父さん

父娘のやり取りを想像するとなごむ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「ポッキーのチョコが付いていない部分を溶かしたチョコに刺しておくと、3〜4日で元通りに復活する」――ネットで広まったジョークを、真に受けた娘が実践して確かめたという、お父さんのツイートが話題です。本気でポッキーを栽培しようとする娘と、その夢を守ろうとする(?)お父さんのやりとりが実にほっこりします。


元ネタ 元は漫画家が考えたジョーク。要するに「食べかけのポッキーをチョコに植えると再生する」……ネギかっ!(画像提供:ゴトウマサフミさん)

栽培 読者がネタを娘さんに見せたら、彼女は本当に実行してしまいました(画像提供:じゃんぼ187さん)

お父さんの配慮 娘をがっかりさせないように(?)、お父さんが新しいポッキーに植え替え。長さにメリハリをつけ、まばらに伸びたかのように演出しているあたり芸が細かい(画像提供:じゃんぼ187さん)

 元のジョークは、漫画家・イラストレーターのゴトウマサフミ(@goto_masafumi)さんが、2016年に公開したイラスト。これをじゃんぼ187(@jumbo187)さんが小4の娘さんに見せたところ、真に受けて本当にポッキーをチョコに植えてしまいました。すると、お父さんは夜のうちにこっそり新しいポッキーに植え替え。翌朝に結果を見た娘さんは、「本当に伸びた! やった!」と喜んで根こそぎ食べたのだそうです。


 編集部の取材に、「面白い画像ツイートがあるとちょくちょく印刷して娘に見せている」と、じゃんぼ187さん。今回の娘さんの反応を詳しく聞くと、半信半疑ながらも「やってみたい!」と大興奮だったので、自由に実験させたのだそうです。

 再生した(体の)ポッキーを食べたときの反応はというと、どうやらチョコレートだけが伸びると想像していたようで、「中のクッキーも伸びていた」とひと言。いまだに疑いつつも、目の前に起きたこと自体は事実(?)なので、戸惑っているそうです。そんなお茶目なイタズラのせいで、じゃんぼ187さんは奥さんからはあきれられてしまったのだとか。

 なお、元のジョークを生んだゴトウマサフミさんは熊本在住で、震災に見舞われた当時、「不謹慎かもしれませんが、こんなことばかり描きたいんです」と投稿していました。現在はEテレのアニメ「くつだる。」の原作を担当しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」